寒川版 掲載号:2014年9月12日号 エリアトップへ

寒河江市の俳句大会で「秀逸」を受賞した 栗原 雅子さん 宮山在住 68歳

掲載号:2014年9月12日号

  • LINE
  • hatena

楽しみながら、挑戦

 ○…「さくらんぼの都市さがえ全国俳句大会」で応募した作品が見事「秀逸」に輝いた。同賞は最高賞の「特選」に次ぐもので、表彰式で記念講演を行った選者の俳人・西村和子氏からも好評価を得たという。

 ○…受賞作品は『さくらんぼ 白寿の母の おちょぼ口』。介護施設にいる母を訪ねたときに詠んだものだ。「いままで楽しみながら俳句に親しんできただけなので、まさか受賞できるとは。すごく驚きました」と喜びを隠せない様子。受賞の連絡を受けてから、しばらくの間記念品と表彰状が届かず――「まさか私の聞き違い?」――心配して主催者に確認する一場面も。結果として、同封する作品集の製作が遅れていたことが原因で、本人がどれほど「意外」だったのかを窺えるエピソードとなった。

 ○…知人に誘われ俳句を始めたのは「もう覚えていないくらい昔の話」と笑う。寒川俳壇での15年間は「楽しめてはいたが、才能のなさを痛感した」と言い、退会後はメンバーの句を外から眺め「あ、あの方は病気をされていたのか」「お孫さんができたんだ」と情景を思い浮かべながら過ごしていたという。ところが昨年、町の広報紙で偶然みつけたのが同俳句大会の募集告知。久々の投句となったが、一緒に応募した先輩が入選し、作品の素晴らしさに刺激され、それが今年の入選につながったという。「何かあれば挑戦してみようという気持ちになった。賞が欲しいということではなく、楽しみながら」

 ○…学生時代からバレーボールなど体を動かすことが好きだった。最近では書道連盟の副会長を務め、琴の稽古も。「紙芝居パチパチ座」に所属し、年間70回もの活動を行う。紙芝居は個人でも活動中で、母親をモチーフとしたオリジナル作品を施設で演じることも。「今回の受賞を母が一番喜んでくれました。98歳の母が、表彰状を声を出して読んでくれました。私はそれが一番嬉しかった」
 

寒川版の人物風土記最新6

高橋 克実さん

気象予報士・防災士として「風水害から命を守る」と題して講演した

高橋 克実さん

宮山在住 30歳

2月7日号

清田光男さん

寒川神社商工奉賛会で会長を務める

清田光男さん

一之宮在住 80歳

1月24日号

佐藤 正憲さん

寒川青年会議所の新理事長となる

佐藤 正憲さん

小谷在住 39歳

1月10日号

後藤 進さん

寒川獅子舞の会で会長を務める

後藤 進さん

岡田在住 82歳

12月13日号

土屋 トミ子さん

創立60周年を迎えた「野ばら文化会」の会長を務める

土屋 トミ子さん

倉見在住 73歳

11月29日号

山本加代子さん

秋の防火活動に取り組む女性防火クラブの委員長を務める

山本加代子さん

一之宮在住 59歳

11月15日号

村田 洋介さん

「神奈川がんばる企業エース」に選ばれた(株)ムラタで社長を務める

村田 洋介さん

一之宮在住 45歳

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク