寒川版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

居合道7段の段位を取得した 井上 和夫さん 岡田在住 76歳

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

やればやるほど夢中に

 ○…昨年11月に居合道7段の段位を取得。岡田で『唯心館』を構え、居合道の指導に当たる。仮想敵を相手に鞘から刀を抜く一連の動きを表現する居合道は、打ち合いなど激しい運動ではないため、老若男女で楽しめる武道として親しまれている。「合気道と間違われることも多いですよ。そんなときは道場まで見に来てもらうようにしています」と微笑む。

 ○…子供のころ、父親の影響で剣道を始める。その後30歳代半ばで居合道に転向。多くの型を身に着け、より実戦的なレベルへと自身を高めていった。「居合道はやればやるほど、いろいろなことに気づくようになる。こうなると面白いですよ。自分の世界に入ってどんどん夢中になれる」。7段の取得に向けた時期には、稽古のやり過ぎに気づかず、左肩を負傷する事態に。「本当に斬り合っていたら無傷でいられたかどうか、とか考えるんですよ。刃の角度にこだわったりね」。居合道の魅力を語る表情は輝いている。

 ○…居合道に転向したのは、実は仕事内容の変化が影響していた。会社役員の運転手を務めることになり、気遣いが多い日常が続くことになったからだ。「父親が警察官で、昔から『余計なことはしゃべるな』とよく仕込まれていました。こうした適性があったのでしょうか」。それからは帰宅してからの少ない時間で居合道に励むことに。激務の癒しとして、また、ストレス発散という意味でも益々稽古に熱が入ったという。

 ○…子供3人、孫4人も剣道など武道に親しむ。「孫が試合で活躍してくれて嬉しい。いろいろ細かい心構えなど聞きに来てくれるんですよ」と柔和な表情で目を細める。孫と行く年に1度のグアム旅行が何より楽しみだとか。趣味はカメラ、鉢物。どこか居合道に雰囲気が似ているのではと問うと「ぜんぜん関係ないですよ。父親に似て付き合い下手だからじゃないですか」と笑った。

寒川版の人物風土記最新6

平瀬 奈緒子さん

湘南オープンボディビルフィットネス大会のビキニエキスパート部門で優勝した

平瀬 奈緒子さん

寒川町在住 39歳

11月20日号

平尾 直樹さん

11月21日に南部公民館で『寒川の歴史百科講座〜江戸時代の一之宮村にGO!〜』の講師を務める

平尾 直樹さん

寒川文書館勤務 40歳

11月6日号

鶴岡 義彦さん

日本一のスイセンの町にする会の会長を務める

鶴岡 義彦さん

岡田在住 77歳

10月23日号

根岸君子さん

寒川俳壇に所属、非営利団体による俳句勉強会(11月)で講師を務める

根岸君子さん

宮山在住 89歳

10月9日号

原田 暁さん

よこはま動物の森公園で開催中の「森Lab」でアートを展示する

原田 暁さん

小谷在住 63歳

9月25日号

藤澤 真美さん

住宅街の一角でパン作りを教える

藤澤 真美さん

倉見在住 47歳

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク