寒川版 掲載号:2017年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

湘南の魅力発見プロジェクト「パッケージデザインワークショップ」で講師を務める 佐藤 勝則さん 宮山在住 62歳

チョコボールのデザインも

 ○…藤沢、茅ヶ崎、寒川2市1町の特産品などのパッケージをデザインするワークショップの講師を務める。北海道出身だが、父の生まれ故郷である寒川町に移り住んで約30年。地元の盛り上がりに一役買う形となった。

 ○…森永製菓の菓子パッケージ制作を手掛ける。そのブランド名はおなじみのものばかり。代表的なもので『チョコボール』『チョコモナカジャンボ』『アイスボックス』『おっとっと』『ポテロング』などロングヒット商品が名を連ねる。シールド乳酸菌タブレット『食べるマスク』など近年の大ヒット商品も手掛けている。「チョコボールは私が手がける前から存在するブランド。リニューアルを担当しました」と話すが、おもちゃの缶詰のデザインを懲りすぎて「会社から『時間とお金の使い過ぎ』と注意されこともあります」と微笑む。

 ○…幼い頃から絵を描くことが好きで、高校時代にぼんやりと将来のことを考えるようになった。東京芸術大学では、デザインの道へ進むことを決意。「デザインは人の役に立つ仕事だと思った。みんなに喜んでもらえることが気持ちよかった」と当時を振り返る。

 ○…森永の仕事を始めた頃は、デザイナーという存在が今ほど認知されていなかった。しかし、現代はデザイナーの仕事ぶりがクローズアップされることも多くなった。スーパーやコンビニに自身がデザインしたお菓子のパッケージが並ぶ日常。「山の上の小さな売店にも置いてあると感動しますね。道の上に落ちていても感動…」と笑う。

 ○…「家では鮮魚部。料理はしませんが、魚をさばくのだけは」とスマホに保存している自慢の刺し盛りの写真を披露する。そのデザイン力は、まさに圧巻の一言。多趣味の人で、こうした遊び心がデザイン力を支えているのだと実感できる。62歳とは思えない若々しい風貌にもそれが表れているようだ。

寒川版の人物風土記最新6件

脇 義久さん

寒川まつり会の代表幹事を務め、子どもの神輿への参加意識を高めるため尽力する

脇 義久さん

2月23日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

2月9日号

堀川 末雄さん

神奈川県優良産業人表彰を受けた

堀川 末雄さん

1月26日号

藤江 幸王(さちお)さん

茅ヶ崎遊技場組合の組合長に就任した

藤江 幸王(さちお)さん

1月12日号

山本 毅さん

寒川青年会議所の2018年度理事長に就任した

山本 毅さん

1月1日号

齋藤 拓崇さん

成人式実行委員で「新成人のことば」を担当する

齋藤 拓崇さん

12月15日号

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク