寒川版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

寒川ライオンズクラブの新会長に就任した 久留主 繁さん 寒川町倉見勤務 68歳

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena

咲かせ、見守り、地道にゆく

 ○…総合運動公園横の産業道路沿いに咲く数千株もの赤いベゴニア。ライオンズが地元の各団体とタッグを組んで咲かせる花街道だ。植えた後も定期的な雑草取りや水遣りなど世話は欠かせない。植え替えで一定期間土だけの光景になると「寂しい」「いつ植えるの」といった声が耳に入る。何もなくなって初めて、その彩りを実感するのかもしれない。「昔に比べてポイ捨てごみも減った」と手ごたえも感じる。ライオンズクラブに入って12年目の会長職。「流れを変えたら、止まってしまう。しっかり継承したい」と先人たちを静かな大河に喩えた。

 ○…故郷は福岡の炭鉱地・田川市。大手セメント会社の城下町で従業員だらけの長屋に育った。身内に自衛隊員がいた縁で、18歳で陸自に入隊。冬はマイナス20度以下になる北海道美幌駐屯地だったが、広大な大地で働く喜び、個人の責任も全員で負うチームワークを学び、陸士長まで務めた。5月連休中、当時の同僚と「155ミリ榴弾砲」に再会。わが子の写真を見せるようにスマホ画面を見せ「最初はドーンという射撃音が怖かった。耳鳴りしないように撃つ時に口を開けるんです」

 ○…その後職業安定所で紹介してもらった先が薬の販売会社だった。数年働いた後に仲間と平塚市で独立。35年前に寒川に本社を移すと圏央道開通が追い風になった。心に刻む「凡事徹底」。人の口に入り病を治す薬を扱うだけに「当たり前」の重みが違う。世の中がバブルの頃も地道な経営に徹し、一代で県内5営業所に育てた御仁は「自分の力じゃない」と繰り返した。社員が増えても一人ずつ社長室で顔を合わせるのが日課。出勤時も外出時も帰宅時も「相手の目を見て話さねば」。会いたい人が多く、出張続きの人でもある。

寒川版の人物風土記最新6

橋口泰子さん

国際ソロプチミスト寒川の新会長となった

橋口泰子さん

茅ヶ崎市在住 74歳

8月7日号

若林 隆さん

「おいしいおかえし」を主催する、寒川町料理飲食業協会の会長を務める

若林 隆さん

寒川駅前「巴屋」勤務 52歳

7月24日号

井上 晋一さん

寒川ロータリークラブの新会長に就任した

井上 晋一さん

倉見在住 60歳

7月10日号

渡邊一三さん

寒川ライオンズクラブの新会長に就任する

渡邊一三さん

寒川町倉見在住 74歳

6月26日号

織田 敦さん

「みんなの花火」実行委員長を務める

織田 敦さん

一之宮在住 37歳

6月12日号

江藤 恵子さん

開設10周年を迎えた地域活動支援センターFの施設長

江藤 恵子さん

岡田在住 62歳

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク