寒川版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

ニュースキャスターやイベントMCなどとして働く 杉崎 桃子さん 寒川町在住 21歳

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena

プロは静かに技磨く

 ○…J:COM小田原でキャスターを務め、担当する地域ニュースはネットで全国配信中。視聴者から見れば「ごく普通」の20分間に、報道人としてのこだわりが凝縮している。姿勢、目線、まばたき回数、語り口も早すぎず遅すぎず、分かりやすく。カメラの向こうには無数の視聴者がいる。固有名詞一つひとつの発音を確かめるため「アクセント辞典」は手放せない。原稿を読むだけではなく、聞き手になることも。報道スタジオにとどまらず、都内のレジャー施設や競輪場のイベントMCとしてマイクも握る。

 ○…小学生の頃から声優など「喋る」仕事に憧れ、中学・高校も放送委員会に所属。自習と称してコメダコーヒーに入り浸り、友達と何時間も喋り尽くしたのが懐かしい。その後アナウンスの専門学校を卒業。つい最近までFMヨコハマのリポーターも務めた。県内各地で中継し、大食い大会にも参加。「真冬の滝行はできるか」と言われると反射的に首が縦に動いた。「滝つぼは入ったら慣れました。出た後が寒いんです」と目を細めた。体を張った仕事でも、両親も祖父母もリスナーに徹し「行きたい道へ」と背を押してくれた。

 ○…仕事で通う都内のビル群から寒川に帰ると、空の大きさを実感する。季節は、中央公園が桜に包まれる春が好き。オフは家でアニメに没頭する。トップを目指すアイドルたちの物語で、DVDを20本以上秘蔵しているらしい。「癒されますね。キャラクターを応援したくなるし、心の安定剤です」。その翌日、電車に乗り込んだ瞬間、中吊り広告を探してしまう。化粧品やレジャー施設、マンション。欲しいのではない。「どうナレーションしようか考えるんです。もしこれが動画CMだったら」。伝えるプロとしての、覇気が垣間見えた。

<PR>

寒川版の人物風土記最新6

高橋 克実さん

気象予報士・防災士として「風水害から命を守る」と題して講演した

高橋 克実さん

宮山在住 30歳

2月7日号

清田光男さん

寒川神社商工奉賛会で会長を務める

清田光男さん

一之宮在住 80歳

1月24日号

佐藤 正憲さん

寒川青年会議所の新理事長となる

佐藤 正憲さん

小谷在住 39歳

1月10日号

後藤 進さん

寒川獅子舞の会で会長を務める

後藤 進さん

岡田在住 82歳

12月13日号

土屋 トミ子さん

創立60周年を迎えた「野ばら文化会」の会長を務める

土屋 トミ子さん

倉見在住 73歳

11月29日号

山本加代子さん

秋の防火活動に取り組む女性防火クラブの委員長を務める

山本加代子さん

一之宮在住 59歳

11月15日号

村田 洋介さん

「神奈川がんばる企業エース」に選ばれた(株)ムラタで社長を務める

村田 洋介さん

一之宮在住 45歳

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク