寒川版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

寒川獅子舞の会で会長を務める 後藤 進さん 岡田在住 82歳

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena

祈りをこめて吹き続け

 ○…寒川のお正月の風物詩といえば獅子舞だ。篠笛を吹いて町内を巡る忙しい季節がやって来る。初めて笛を教わったのは50年ほど前、菅谷神社のお囃子だった。「ちょっと音を出しただけで先生に褒められて、唇が変形するまで吹くようになった。おだてられたのさ」。棚から笛を取り出し、木枯らしのような音を奏でると、膝の上にいた猫が飛び上がって逃げ出した。「尺八も25年やったけど、今はもっぱらホラ吹き専門だ」。

 ○…農家の6人きょうだいの2番目、父は寒川名物のシクラメンを町内で最初に栽培した人だった。少年時代は戦争の真っ只中で、食事は毎日イモ。おやつ代わりにシ

イの実を採ろうとして、木から落ちて骨折したのが懐かしい。ある日、平塚方面の空に焼夷弾が光の帯のように注ぎ、ある晩は横浜の空が空襲でピンク色に染まった。自宅で玉音放送を聞いている時に、母が隣で泣いていた。「何で泣くのかわからなかった。戦争の理由も。男は戦争に行くのが当たり前だった」。

 ○…寒川中から平塚農業高校を経て、農の道ひとすじ。両手の甲にはしわだらけの薄い皮が張り付き、関節が透ける。27歳で結婚後、この手で3人の子を育てた。父が始めた蓮の栽培を継いで、初夏には青紫の花々を収穫する。「最高の花だよ、仏様が座るんだから」。この蓮畑も今ではすっかり町の風物詩だ。

 ○…獅子舞に加わって26年。会長としての意気込みを聞くと、目を閉じて「五穀豊穣・無病息災」とつぶやく。活動の根本は誰もが健康で幸せに過ごすこと。祈りを込めた獅子舞にはひょっとこも登場し、男が女を、女が男を演じる。獅子の仕草も愛らしい。「ニヤニヤしたくなるものにしないとね」。細い両目が笑みに埋もれた。

寒川版の人物風土記最新6

宮下洋さん

自宅で多くのメダカを飼育し、町民センターの飼育講座でも教える

宮下洋さん

一之宮在住 77歳

4月17日号

大山 貴子さん

大山 貴子さん

一之宮在住 43歳

4月3日号

戸塚 雄治さん

藤沢小売酒販組合寒川支部の支部長になった

戸塚 雄治さん

宮山在住 56歳

3月20日号

三村 陽子さん

町の子育て世代包括支援センターで母子保健コーディネーターとして働く

三村 陽子さん

寒川町役場勤務 43歳

3月6日号

高橋 克実さん

気象予報士・防災士として「風水害から命を守る」と題して講演した

高橋 克実さん

宮山在住 30歳

2月7日号

清田光男さん

寒川神社商工奉賛会で会長を務める

清田光男さん

一之宮在住 80歳

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月15日号

お問い合わせ

外部リンク