寒川版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

寒川青年会議所の新理事長となる 佐藤 正憲さん 小谷在住 39歳

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena

『健康』掲げる熱い男

 ○…防災や子育てをテーマにした無料講演会や異業種交流会などを開く寒川青年会議所(JC)。その活動の原動力は郷土愛だ。先輩に誘われ初めて行事に顔を出した時はまだ、未知なる集団だった。誘われたら加わる、まずは現場に足を運ぶ性分で、活動を続けるうちに47代目の理事長役を託された。「活動を続けるためにも仲間を増やしたい。慣例も、時代に合わせて変えねば」と意気込む。

 ○…組織を指揮する事の大変さは身にしみている。3年ほど前、近隣市のJCとタッグを組み「議長」として講演会等の広域事業に携わった事がある。大勢のメンバーが一枚岩になって動くはずが、思い通りにならなかったらしく、渋い顔で反省点を振り返る。「コミュニケーションを密に気持ちを伝えあう」鉄則を学んだという。

 ○…倉見出身で、旭が丘中や平沼高校(横浜)に通った頃は陸上部で走り続けた。箱根駅伝を生で観て火がつき、地区大会では長距離種目を連覇。社会人になってからもハーフマラソン等に顔を出す。32歳の時に町議に当選してからは、住民の声を聞くため、町内外を駆けまわる日々。今回のインタビューは小谷の自宅に伺った。室内照明がセンサー式のため、体を動かしていないと真っ暗になる。動き続ける人らしい。

 ○…趣味に割く時間がないほど多忙なせいか、無類のサウナ好き。茅ヶ崎や海老名の施設はもちろん、出張先でも入浴し「サウナのドアが開いただけで幸せ」と目を細めた。熱くなった体をクールダウンしつつ、持ち込んだノートPCを叩いてしまう仕事人。「JCとして『健康』を掲げ、町内に発信したい。まずメンバーが健康でなくちゃ」。人一倍汗をかく1年が始まった。

寒川版の人物風土記最新6

藤澤 真美さん

住宅街の一角でパン作りを教える

藤澤 真美さん

倉見在住 47歳

9月11日号

勢登 土志夫さん

湘南遺産に登録された水道記念館(宮山)で館長を務める

勢登 土志夫さん

横浜市在住 68歳

8月28日号

橋口泰子さん

国際ソロプチミスト寒川の新会長となった

橋口泰子さん

茅ヶ崎市在住 74歳

8月7日号

若林 隆さん

「おいしいおかえし」を主催する、寒川町料理飲食業協会の会長を務める

若林 隆さん

寒川駅前「巴屋」勤務 52歳

7月24日号

井上 晋一さん

寒川ロータリークラブの新会長に就任した

井上 晋一さん

倉見在住 60歳

7月10日号

渡邊一三さん

寒川ライオンズクラブの新会長に就任する

渡邊一三さん

寒川町倉見在住 74歳

6月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月28日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月11日号

お問い合わせ

外部リンク