寒川版 掲載号:2020年8月7日号 エリアトップへ

国際ソロプチミスト寒川の新会長となった 橋口泰子さん 茅ヶ崎市在住 74歳

掲載号:2020年8月7日号

  • LINE
  • hatena

小さくてもいい、一歩前へ

 ○…総合体育館玄関前の新しい時計塔を知っている人も多いだろう、あれは国際ソロプチミスト寒川の奉仕の一部だ。「地域の人に触れあって役立ちたい。できる範囲で、ゆっくり休み休みやります」と意気込みを語った。20年続く活動も今年は新型コロナの影響をうけ、イベントが次々に中止された。自粛の間に溜め込んだ力で、今は秋のフリマの実現を目指している。

 ○…生まれは山形県東根市。さくらんぼの名産地で、小さい頃は木の枝から採って食べるのが普通だった。下駄の底に竹を取り付けて雪の坂道を滑った日々も懐かしい。高校を卒業後、郵便局に就職し上京。職場結婚の後に退職も考えたが、寒川を新天地に選び、保育園に子どもを預けて働き続けた。当時の寒川郵便局は「日本一忙しい」と噂の現場だったが「男性に負けたくない」と燃えた。窓口で心がけたのは一歩先をゆく笑顔のアドバイス。「余計なことを言うな」と煙たがれることもあったが「ありがとう」の声が糧となった。貯金課長まで勤め、現役時代には年賀状を500枚出した年も。お母さんはどんな背中を見せていたのか、一人息子が卒業文集に書いたのは「将来は郵政省に入りたい」。その後、文字通りの進路を歩んでいるという。

 ○…創立時からのメンバーで、きっかけは俳句仲間だった初代会長からの誘い。20年間の活動で、被災地支援やお祭りでの売り子など様々な奉仕に加わった。一方で大病も経験し、これまで2度の手術や放射線治療を受けた。「生かされている」と感じるようになり、何でも一人で背負うのをやめた。家族は会長という職務を心配しているが「これが生きがいだから、許して」と。仲間と手をとり一歩ずつ、積み重ねるつもりだ。

寒川版の人物風土記最新6

鶴岡 義彦さん

日本一のスイセンの町にする会の会長を務める

鶴岡 義彦さん

岡田在住 77歳

10月23日号

根岸君子さん

寒川俳壇に所属、非営利団体による俳句勉強会(11月)で講師を務める

根岸君子さん

宮山在住 89歳

10月9日号

原田 暁さん

よこはま動物の森公園で開催中の「森Lab」でアートを展示する

原田 暁さん

小谷在住 63歳

9月25日号

藤澤 真美さん

住宅街の一角でパン作りを教える

藤澤 真美さん

倉見在住 47歳

9月11日号

勢登 土志夫さん

湘南遺産に登録された水道記念館(宮山)で館長を務める

勢登 土志夫さん

横浜市在住 68歳

8月28日号

橋口泰子さん

国際ソロプチミスト寒川の新会長となった

橋口泰子さん

茅ヶ崎市在住 74歳

8月7日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク