寒川版 掲載号:2020年8月7日号 エリアトップへ

国際ソロプチミスト寒川の新会長となった 橋口泰子さん 茅ヶ崎市在住 74歳

掲載号:2020年8月7日号

  • LINE
  • hatena

小さくてもいい、一歩前へ

 ○…総合体育館玄関前の新しい時計塔を知っている人も多いだろう、あれは国際ソロプチミスト寒川の奉仕の一部だ。「地域の人に触れあって役立ちたい。できる範囲で、ゆっくり休み休みやります」と意気込みを語った。20年続く活動も今年は新型コロナの影響をうけ、イベントが次々に中止された。自粛の間に溜め込んだ力で、今は秋のフリマの実現を目指している。

 ○…生まれは山形県東根市。さくらんぼの名産地で、小さい頃は木の枝から採って食べるのが普通だった。下駄の底に竹を取り付けて雪の坂道を滑った日々も懐かしい。高校を卒業後、郵便局に就職し上京。職場結婚の後に退職も考えたが、寒川を新天地に選び、保育園に子どもを預けて働き続けた。当時の寒川郵便局は「日本一忙しい」と噂の現場だったが「男性に負けたくない」と燃えた。窓口で心がけたのは一歩先をゆく笑顔のアドバイス。「余計なことを言うな」と煙たがれることもあったが「ありがとう」の声が糧となった。貯金課長まで勤め、現役時代には年賀状を500枚出した年も。お母さんはどんな背中を見せていたのか、一人息子が卒業文集に書いたのは「将来は郵政省に入りたい」。その後、文字通りの進路を歩んでいるという。

 ○…創立時からのメンバーで、きっかけは俳句仲間だった初代会長からの誘い。20年間の活動で、被災地支援やお祭りでの売り子など様々な奉仕に加わった。一方で大病も経験し、これまで2度の手術や放射線治療を受けた。「生かされている」と感じるようになり、何でも一人で背負うのをやめた。家族は会長という職務を心配しているが「これが生きがいだから、許して」と。仲間と手をとり一歩ずつ、積み重ねるつもりだ。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

寒川版の人物風土記最新6

落合 洋司さん

5月2日に中央公園で開催「さむかわ音楽ひろば」を準備してきた

落合 洋司さん

岡田在住 48歳

4月30日号

佐藤 彩さん

100人のお産ウェブ写真展を開いている

佐藤 彩さん

岡田在住 41歳

4月16日号

井上 浩子さん

バルーンアーティストで、公民館での講座やイベントで活動する

井上 浩子さん

宮山在住 63歳

4月2日号

木村太郎さん

寒川青年会議所の理事長となる

木村太郎さん

岡田勤務 39歳

1月8日号

鈴木 桂(かつら)さん

藤沢・茅ヶ崎・寒川の労働組合組織「連合神奈川湘南地域連合」の議長に就任した

鈴木 桂(かつら)さん

藤沢市土棚勤務 49歳

12月18日号

星 さおりさん

南部公民館でディンプルアートの講座を開いた

星 さおりさん

倉見在住 48歳

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter