寒川版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

よこはま動物の森公園で開催中の「森Lab」でアートを展示する 原田 暁さん 小谷在住 63歳

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena

森に通い続けて20年

 ○…寒川から中原街道を車で走ること1時間。横浜市旭区の森に20年近くも通い、年に1度のペースで作品を創り続けている。「虫がすごいけど、行きます?」。案内してくれた森の奥に、山桜の幹で作った高さ2mほどの大型作品が待っていた。枝を伸ばすように、芽生えるようにも見える作品の題名は「再生」。顔に数匹の蚊をつけたまま「こんないい所はないですよ。市民の声がきっかけで守られた森でね。こうした背景も来場者に伝えられたら」。

 ○…小谷出身。今は随分住宅地に変わってしまったが、草地や森を駆けて育った。少年時代、自宅の襖には紙が貼ってあった。いつでもクレヨンで描けという親の方針だったという。父の純成さんは寒川駅前の少女像などを手がけた名彫刻家で、晩年は二人三脚で制作した。美大を卒業後は制作と発表を繰り返し、海外にも飛ぶようになった。26年前に各国の作家を寒川に招いて野外美術展を開催。当時立体作品を展示した、のどかな田んぼが今の中央公園だ。海外でのアートイベントが縁で出会ったのがインドネシア出身の奥さん。たまに一緒に台所に立ち、郷土料理のサテーやナシゴレンを作る。

 ○…20年ほど前はうっそうとした森だったが、制作のかたわら、仲間と間伐や小道作りを続けてきた。アトリエや美術館と違って「何やってるの」と近寄ってくる人々との交流も面白い。昨年くも膜下出血で倒れるも、手術後に筋トレを始め2カ月後には森に戻った。「たまに、俺はここで何をしているんだろうと我に返る事もあります」。材料は森の木々を使い、展示が終われば森に還すのがポリシー。創ってはゼロに戻る、の繰り返し。木々と語らうちに、気づけば新しいアイデアが芽吹いている。

寒川版の人物風土記最新6

鶴岡 義彦さん

日本一のスイセンの町にする会の会長を務める

鶴岡 義彦さん

岡田在住 77歳

10月23日号

根岸君子さん

寒川俳壇に所属、非営利団体による俳句勉強会(11月)で講師を務める

根岸君子さん

宮山在住 89歳

10月9日号

原田 暁さん

よこはま動物の森公園で開催中の「森Lab」でアートを展示する

原田 暁さん

小谷在住 63歳

9月25日号

藤澤 真美さん

住宅街の一角でパン作りを教える

藤澤 真美さん

倉見在住 47歳

9月11日号

勢登 土志夫さん

湘南遺産に登録された水道記念館(宮山)で館長を務める

勢登 土志夫さん

横浜市在住 68歳

8月28日号

橋口泰子さん

国際ソロプチミスト寒川の新会長となった

橋口泰子さん

茅ヶ崎市在住 74歳

8月7日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク