寒川版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

湘南オープンボディビルフィットネス大会のビキニエキスパート部門で優勝した 平瀬 奈緒子さん 寒川町在住 39歳

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena

この痛みも、進化の証

 ○…手の甲をつまんだ時の皮の厚さは、この人がお腹をつまんでみせた時とほぼ同じだった。女性らしい丸みを保ちながら、絞る部分はとことん絞る。大会ではビキニ姿でポーズをとり、流れるような身のこなしも審査された。参加2年目にして湘南オープン大会を制することができたのは、ひとえに「仲間のおかげ」。1年半前からスポーツマインド寒川(田端)に通っており、今は毎日「部活に通っているみたい」。お互いの身体の仕上がりを日々チェックし合い、励まし合う。「ジムがここにある限り寒川の外には引っ越せないですね」と笑った。

 ○…自称「のめりこんだら一直線タイプ」。高校時代は強い女の子に憧れて柔道部の門をたたき黒帯をとった。卒業後は車のカスタムに魅せられ、内装から外装までこだわり、ツーリング仲間との会話を楽しむためにアマチュア無線の免許まで取得。現在は武道もカスタムカーも手放し、昼間は自動車関連会社の事務職員として働き、家に帰れば母の顔になる。家族も大会の応援に来てくれるといい、小学生の娘さんとは同じステージで競うのが夢。年配の両親をボディビル大会に呼んだ時はさすがに驚いた様子だったとか。

 ○…今年は新型コロナの影響でマスクをつけてのトレーニングが当たり前になったが、息苦しさはもう慣れっこ。「追い込み」と呼ぶ激しい鍛錬で筋肉痛が来ると「来たー」と嬉しくなる。食事制限もあり、おやつ類はお菓子ボックスに入れて大会後まで封印してきたが、最近は食欲も邪魔しなくなった。「私は勉強をしても何をやるにも遅いし、へたくそで失敗ばかり。でも時間をかければ…」。積み重ねればいつかは達成でき、喜びに変わる。身体が物語り、言葉はいらない。

寒川版の人物風土記最新6

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

菊地 愛美さん

子育てサポート施設「助産院mamana.house」代表

菊地 愛美さん

町内在住 35歳

4月29日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

田端在住 54歳

4月15日号

佐藤 龍二さん

「高座」のこころ。実行委員会委員長

佐藤 龍二さん

一之宮在住 33歳

4月1日号

右城 栄一さん

今月いっぱいで活動を終える「小谷子ども見守り隊」の一人

右城 栄一さん

小谷在住 84歳

3月18日号

平 静夫さん

寒川町盆栽会代表で、初心者向け講座(町民センター)で教えた

平 静夫さん

倉見在住 75歳

3月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook