寒川版 掲載号:2021年5月28日号 エリアトップへ

寒川町商工会前のゴーヤカーテンを世話している 杉崎 光雄さん 小谷在住 81歳

掲載号:2021年5月28日号

  • LINE
  • hatena

街角の涼を演出

 ○…寒川町商工会は例年夏にかけて緑のゴーヤで覆われる。主に遮熱が目的だが、実は窓口で販売され、収益が様々な被災地に寄付されてきた。緑のカーテンを10年前から世話をしているのがこの御仁。商工会前は浜降祭の神輿4基が茅ヶ崎から戻り、御旅所祭が行われる。大切な場所に爽やかな緑を、という思いもある。今年も連休前から土づくりを始め、着々と育っている。去年はこの小さな畑に誰かがアサガオの種を放り込んだらしく、予期せぬ大輪がいくつも咲いた。「せっかくまいた肥料が花になった」と笑う。

 ○…6歳の頃に終戦を迎え、高校まで家の田畑を手伝った。今とは違い、田植えも手作業。干ばつに見舞われた時は井戸を掘り、夜中に畑に水をまいた思い出がある。町内の企業で数年働いた後、水道関連の杉崎設備工業を創業した。「今みたいな重機はなくて、地面をツルッパシで掘った。今日は何メートルと目標を決めてね」。軌道に乗ると、仕事の準備が深夜におよぶほどの忙しさに。それから半世紀以上がたち、会社は社員11人以上の大所帯になり、自身は会長として第一線を退いた。子や孫も同じ職場で働いており、一緒に昼食を囲むのが幸せ。

 ○…雑談の中で「賭け事をせずお酒はほどほどに、貯金も大切」とつぶやいた。シンプルな事だが、沢山の人を育てた人の言葉は奥深い。取材が終わり「私のエピソードより、ゴーヤの事を紹介してよ」と頭をかいた。実は目立つのは大の苦手。こぢんまりとした自身の作業場が会社の敷地にあり、ここで使わなくなった部品を加工し、新たな命を吹き込む。愛用の工具が沢山ぶら下がり、その間にリーンと音を響かせる風鈴が2つ3つ。よく見るとそれも水道部品だった。

寒川版の人物風土記最新6

青田 正順さん

公益社団法人日本ボディビル・フィットネス連盟の会長に就任した

青田 正順さん

一之宮在住 65歳

8月5日号

田邊 平一さん

寒川ライオンズクラブの新会長に就任した

田邊 平一さん

岡田在住 70歳

7月22日号

石腰 亮さん

寒川ロータリークラブの新会長に就任した

石腰 亮さん

宮山在住 67歳

7月8日号

岩本 和子さん

茅ケ崎警察署に自らの作品4点を寄贈した油彩画家

岩本 和子さん

茅ヶ崎市在住 87歳

6月24日号

千葉 祐一さん

宮山にある水道記念館(湘南遺産)の館長を務める

千葉 祐一さん

相模原市在住 67歳

6月10日号

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

茅ヶ崎市民文化会館で第21回玉泉水墨画会展を開く

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

寒川町在住 74歳

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook