寒川版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

70周年を迎えた寒川町婦人会の会長を務める 平本正子さん 倉見在住 73歳

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena

作り続ける一婦人

 ○…発足が戦後まもなくという町婦人会。当時は女性向けのサークルなどもなく「お嫁さんになったら婦人会」という雰囲気があったらしい。現在の会員数は50人ほど。コロナ禍で制限はされたが、地道に動いている。小学校の通学路を仲間に歩き回り、消えかかった横断歩道を見つけたり、信号が必要と分かれば町に要望を出している。今は難しいが、子ども向けの料理教室を何とか再開したいという。「玉ねぎを刻んで涙している子が、本当に可愛い」としみじみ。

 ○…東京都葛飾区出身。サラリーマン家庭で、小さい頃は母の手製の服を着ていた。ミシンを踏む後ろ姿を見て育ち、自身も洋裁学校に通って服を縫うようになった。結婚を機に倉見に転居。夫・清さんの単身赴任をきっかけに婦人会に入り、一人になった時間を注ぎ込んだ。10年ほど前から会長を任されているが、70周年の節目に予期せぬコロナ禍が重なった。仲間と会う機会も限られるなか、何とか記念広報紙の発行にこぎつけた。自宅の玄関はレース作品や紙素材の編みかごが彩る。これらも婦人会活動の一面で、制作に没頭するという。

 ○…モノ作りが好きな人は料理も達者だ。北部公民館の料理教室には10年通い、食卓に還元してきた。とりわけ家族に好評だったのが鳥の唐揚げ。子どもの運動会となれば弁当に欠かせない。そんな朝はなぜか清さんが唐揚げ作りを買って出た。清さんは8年前に他界し、最近はスーパーで唐揚げを買うようになった。家の表札は今も「平本清」。車の運転は清さんの役目で、愛車のあった駐車場がぽっかり空いている。「夫の仕事だった草むしりをしなきゃ」。思い出を交えて笑い、口元を押さえるとキラリ、指輪が光った。

寒川版の人物風土記最新6

金子 由利子さん

一之宮公園で11月に開催予定の子ども食堂を準備している

金子 由利子さん

一之宮在住 70歳

10月15日号

相原 堅一さん

保育園の芋ほりなどをサポートする、JAさがみ寒川青壮年部の委員長

相原 堅一さん

小動在住 41歳

10月8日号

藤澤 美穗子さん

行政相談委員を14年務め、退任した

藤澤 美穗子さん

倉見在住 64歳

9月24日号

野田乃里子さん

9月21日からウェブ配信される「さむかわ音楽ひろば」でウクレレを演奏した

野田乃里子さん

宮山在住 58歳

9月10日号

小野寺 四郎さん

寒川ライオンズクラブの会長に就任した

小野寺 四郎さん

倉見在住 72歳

8月27日号

井上 稔さん

寒川ロータリークラブの会長になった

井上 稔さん

倉見在住 66歳

8月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月27日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook