寒川版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

県知事表彰された食品衛生協会の役員 天利 幸一さん 一之宮在住 63歳

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena

職人は手洗いマイスター

 ○…老舗和菓子店の職人は寒川食品衛生協会の役員という横顔をもつ。飲食店や小売店の衛生管理のため、仲間と手分けして訪れる店は100軒以上。活動を続けて20年が経った。同業の店を訪れる機会も多く、気遣いが欠かせない。冷蔵庫の温度確認をしながらも、対話を重視している。取材を初めて数分、細い両目が笑顔に埋もれてゆく。日本食品衛生協会の「手洗いマイスター」の認定を受けている。指は一本ずつ洗うのだと両手を出して教えてくれた。

 ○…早朝4時に起床して、米を蒸し始めるのが普段の日課。これが定休日だと3時半から鵠沼の海に入る。まだ暗いうちから波に乗り、6時ごろには寒川に戻るからほとんど顔が焼けない。「サーフィンは20年続けているのに、あまり信じてもらえなくて」と苦笑い。暇さえあれば湘南マラソンや東京マラソンなどにも出場するアスリート。たまにウクレレをつま弾く日もある。

 ○…一之宮小と寒川中の卒業生。祖父の兼吉さんは名職人で、店内には昔の干菓子を固めた魚型の木枠や「壹等(1位)」の表彰状が飾ってある。「家が和菓子店だから、下校すると家には常に親がいましたね」。サラリーマン生活を経て家業を継ぐことを決心。大船や横須賀の店で修業し、寒川に舞い戻った。

 ○…これまでに地元の伝統行事や武将を和菓子にした「屋台もなか」「景時まんじゅう」などを形にしてきた。梅雨や猛暑のシーズンは菓子職人にとって少し余裕が出る季節。たまったアイデアを形にするため、手を止めて考える時間が増える。最近、東の空にかかる美しい虹を見て、心をつかまれた。鮮やかな色の束を冷菓で再現しようと、ひそかに挑戦中。きれいな両手からどんなキレイが飛び出すか。

寒川版の人物風土記最新6

金子 由利子さん

一之宮公園で11月に開催予定の子ども食堂を準備している

金子 由利子さん

一之宮在住 70歳

10月15日号

相原 堅一さん

保育園の芋ほりなどをサポートする、JAさがみ寒川青壮年部の委員長

相原 堅一さん

小動在住 41歳

10月8日号

藤澤 美穗子さん

行政相談委員を14年務め、退任した

藤澤 美穗子さん

倉見在住 64歳

9月24日号

野田乃里子さん

9月21日からウェブ配信される「さむかわ音楽ひろば」でウクレレを演奏した

野田乃里子さん

宮山在住 58歳

9月10日号

小野寺 四郎さん

寒川ライオンズクラブの会長に就任した

小野寺 四郎さん

倉見在住 72歳

8月27日号

井上 稔さん

寒川ロータリークラブの会長になった

井上 稔さん

倉見在住 66歳

8月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月27日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook