寒川版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

寒川芸能舞踊会の会長を務める 佐々木 道子さん 倉見在住 70歳

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena

客席と舞台、双方元気に

 ○…演歌などに合わせて舞う寒川芸能舞踊会の「浴衣ざらい」。50ほどの演目を取材して驚かされたのは、指先まで洗練された舞はどの角度から撮影しても絵になるという事。「右手の扇子に気をとられると、左手がオバケになる(ダラリとする)から、全身の動きに気を配らないと。歌謡曲の主人公になれる5分間なんです」。

 ○…父の建築関連の会社を手伝うため、高校は商業関連で簿記を勉強。卒業した頃から事務を任された。パソコンに親しんだ経験のおかげで今も発表会のプログラムは自作している。結婚してから3人の子育てに没頭した。「てんやわんやでしたね。育児は思い通りにはならないし、思うようには育たない」と懐かしそう。今のようにコンビニや100均がない時代である。駅前の衣料品店「アグ」に通いつめ、気づけばご近所さんがみんな同じシャツを着ていた。舞踊の世界を知ったのは40年ほど前、親族の結婚式がきっかけ。姉が小さなスペースで舞踊を披露し、祝宴を盛り上げる姿に憧れた。東洋通信機で働いていた頃に社内のクラブ活動で習い始め、以来舞踊ひと筋。町内の芸能団体の設立にも携わり、5年ほど前から会長を務めている。

 ○…自身の演目は「悲し別」。会えないあなたに会いたいという意味の歌には、コロナ禍で仲間に会いたくても会えなかった悔しさがにじむ。体調不良になったり退会したメンバーもいた。この選曲には1年半前に他界した家元(師匠)への思いもこめた。「あの人より上手く、と競うのではなく自分の心に勝て」という教えが宝物。胸に秘めた目的は二つある。舞う人と見る人の双方が元気になること。会長の舞には、マスクで遮られがちな喜怒哀楽が、たっぷり込められていた。

寒川版の人物風土記最新6

金子 由利子さん

一之宮公園で11月に開催予定の子ども食堂を準備している

金子 由利子さん

一之宮在住 70歳

10月15日号

相原 堅一さん

保育園の芋ほりなどをサポートする、JAさがみ寒川青壮年部の委員長

相原 堅一さん

小動在住 41歳

10月8日号

藤澤 美穗子さん

行政相談委員を14年務め、退任した

藤澤 美穗子さん

倉見在住 64歳

9月24日号

野田乃里子さん

9月21日からウェブ配信される「さむかわ音楽ひろば」でウクレレを演奏した

野田乃里子さん

宮山在住 58歳

9月10日号

小野寺 四郎さん

寒川ライオンズクラブの会長に就任した

小野寺 四郎さん

倉見在住 72歳

8月27日号

井上 稔さん

寒川ロータリークラブの会長になった

井上 稔さん

倉見在住 66歳

8月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月27日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook