寒川版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

寒川ライオンズクラブの会長に就任した 小野寺 四郎さん 倉見在住 72歳

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena

地に足つけて、出来る事を

 ○…寒川ライオンズクラブの会長を担うのはこれで2度目。長い活動経験と会の歴史を熟知したベテランが再び奉仕の中心に立った。20年以上前に「勉強になる」と先輩に誘われて入ったライオンズ。献血や花壇づくりなど、数ある活動の中でも特に思い入れがあるのが、姉妹都市・寒河江(山形)の臥龍ライオンズクラブとの交流だ。秋の産業まつりでは、寒河江の仲間と1000食もの鴨鍋を出す。ねぎを刻む下準備から当日の盛り付けや片付けなどの段取りもすべて頭の中にある。「本当にうまくて、心待ちにしている人もいるはず」。まつりは2年連続の中止となった。

 ○…故郷は寒河江と同じ山形県の鶴岡市。工業高校を卒業後18歳で上京し、都内の建設会社に就職。下積み時代に働いたのは団地の建設地だった。現場監督の助手を任され、夜中まで図面を引き続けた。24歳で寒川に移り、さらに15年別の会社で経験を積んだ後、40歳で小野寺建設を創業した。記者が「社長」と呼ぶと「私は経営者というか現場上がりの技術屋かな」。現場という2文字に誇りがにじむ。事務所の壁には、これまで手がけた住宅や社屋の写真がずらり。どれも地域のランドマークとしておなじみの建物だ。「やっぱり引き渡しの時が一番嬉しいですよね」。見上げる横顔が少し和らいだ。多忙な日々をぬって趣味の船釣りに出かける事も。キンメダイやカツオを追いかけ、マイ刺身包丁で3枚におろす。

 ○…実は8月に1000回目の例会という大きな節目を予定していたが、こちらも延期を余儀なくされた。先々がはっきり見通せない分「地に足をつけ、各自がそれぞれの道で、できる範囲で奉仕を」と力をこめる。悔しさも足場に、奉仕の一歩を進めるつもりだ。

寒川版の人物風土記最新6

金子 由利子さん

一之宮公園で11月に開催予定の子ども食堂を準備している

金子 由利子さん

一之宮在住 70歳

10月15日号

相原 堅一さん

保育園の芋ほりなどをサポートする、JAさがみ寒川青壮年部の委員長

相原 堅一さん

小動在住 41歳

10月8日号

藤澤 美穗子さん

行政相談委員を14年務め、退任した

藤澤 美穗子さん

倉見在住 64歳

9月24日号

野田乃里子さん

9月21日からウェブ配信される「さむかわ音楽ひろば」でウクレレを演奏した

野田乃里子さん

宮山在住 58歳

9月10日号

小野寺 四郎さん

寒川ライオンズクラブの会長に就任した

小野寺 四郎さん

倉見在住 72歳

8月27日号

井上 稔さん

寒川ロータリークラブの会長になった

井上 稔さん

倉見在住 66歳

8月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月27日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook