寒川版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

9月21日からウェブ配信される「さむかわ音楽ひろば」でウクレレを演奏した 野田乃里子さん 宮山在住 58歳

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena

キラキラをつなげて

 ○…「さむかわ音楽ひろば」は認知症の人や家族も参加でき、ともに楽しめるというコンセプト。ウクレレのグループの中心として、中央公園の野外ステージで楽しく大合奏するはずだった。緊急事態宣言の延長で、演奏は録画とウェブ配信に。収録を終えた表情にガッカリ感はない。「心の準備はできていましたから。次回があるし、今は種まきの時です」。マスクからのぞく表情は、仲間との合奏に大満足といった様子。

 ○…出身は石川県。父の實さんは塗装職人で、よく歌を口ずさみながら働いていた。歌が好きなのは父譲りなのかもしれない。周りにはずっと「寒川を音楽の町にしたい」と言い続け、かれこれ15年以上コーラスサークルで活動している。感染防止のため、歌うかわりにウクレレを弾くようになった。

 ○…元々は会社勤めだったが、手に職をつけようと都内の看護学校に入学。これまで産婦人科やICU、クリニックなど様々な医療畑を歩いてきた。中でもオペ室に配属された時は覚える事が桁違いだった。「菓子職人だったのに、今日から寿司屋になれと言われるようなもの」。手術のサポートでは器具を手渡す順序が医師ごとに異なる。命を救う現場ゆえに感情もせめぎあい、怒鳴られ、ぐっとこらえた事も数え切れない。手術室から出るたびに強く、受け止められるなった。

 ○…「どちらにお住まいですか?ぜひ寒川に移住しましょう」。町外在住の記者に目を輝かせた。結婚後、夫の実家のある寒川に移って20年以上。仕事と子育て、PTA…と、多くの人と出会い、町への愛着を深めた。「点と点がつながって輝くのを見るのが嬉しい。つなぎ役になれたら」。昼間は見えない星座は、広がりつつある。

寒川版の人物風土記最新6

金子 由利子さん

一之宮公園で11月に開催予定の子ども食堂を準備している

金子 由利子さん

一之宮在住 70歳

10月15日号

相原 堅一さん

保育園の芋ほりなどをサポートする、JAさがみ寒川青壮年部の委員長

相原 堅一さん

小動在住 41歳

10月8日号

藤澤 美穗子さん

行政相談委員を14年務め、退任した

藤澤 美穗子さん

倉見在住 64歳

9月24日号

野田乃里子さん

9月21日からウェブ配信される「さむかわ音楽ひろば」でウクレレを演奏した

野田乃里子さん

宮山在住 58歳

9月10日号

小野寺 四郎さん

寒川ライオンズクラブの会長に就任した

小野寺 四郎さん

倉見在住 72歳

8月27日号

井上 稔さん

寒川ロータリークラブの会長になった

井上 稔さん

倉見在住 66歳

8月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月27日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook