寒川版 掲載号:2021年10月8日号 エリアトップへ

保育園の芋ほりなどをサポートする、JAさがみ寒川青壮年部の委員長 相原 堅一さん 小動在住 41歳

掲載号:2021年10月8日号

  • LINE
  • hatena

ともに育て合う、農の人

 ○…一之宮愛児園の芋ほり体験をサポートした、農の達人たちのリーダー。例年開催されているが、コロナ禍で外出しにくい分、子どもが土と触れ合う機会は貴重だ。芋の出来を尋ねると「今年もちゃんと獲れますよ」と自信たっぷり。仲間たちが手分けして除草などを続けてくれたから、間違いない。取材では仲間たちの苦労を淡々と語り続けるのに「自分」の事になるとポツリポツリと控えめ。

 ○…寒川で4軒だけになったイチゴ農家の1軒。これからの季節は外で育った苗をハウスに入れる作業で多忙になる。旭が丘中を卒業後、「家業を継ぐなら早めがいい」と海老名の中央農業高校に進んだ。20歳代で父と共に働き始めて、当たり前だった「一週間」という概念が消えた。やることは山積していて、休日は天気次第で変わる。イチゴの品種名は「ヤヨイヒメ」。寒ければハウスを温めてやり、暑くなれば風をいれてやる。無事に送り出せた日は感無量だ。たまに仕事がオフになるとバイクにまたがり、友人と一緒に三浦半島や箱根へ。これまで6台乗り換えた。

 ○…仲間と集まるのは仕事が終わった夜。話の種は、やはり農に関するトピックが多い。新しい作物にチャレンジする仲間がいれば、教えたり教えられたり。委員長になって1年、感想を訪ねると顔が少し曇った。主要事業の産業まつりやびっちょり祭の出店は中止。農業視察を兼ねた旅行も叶わず、仲間と大好きな酒も飲めない。ただ、そこは育てるプロ集団。仲間と温めていることもある。寒川駅前のJAで開催する、初の青空市場。とれたて野菜や花、卵などをずらりと並べる構想で、年内にも実現しそう。緊急事態宣言もあけてようやく光がさし始めた。

1周年記念 特別大感謝セール

11月23日㈫~11月29日㈪まで全品10%オフ!

https://baniku.thebase.in/

<PR>

寒川版の人物風土記最新6

原 静華さん

町民センター主催の寄せ植え講座で教える

原 静華さん

宮山在住 49歳

11月19日号

酒井 明広さん

湘南寒川リトルシニアの監督を務める

酒井 明広さん

田端在住 52歳

11月5日号

金子 由利子さん

一之宮公園で11月に開催予定の子ども食堂を準備している

金子 由利子さん

一之宮在住 70歳

10月15日号

相原 堅一さん

保育園の芋ほりなどをサポートする、JAさがみ寒川青壮年部の委員長

相原 堅一さん

小動在住 41歳

10月8日号

藤澤 美穗子さん

行政相談委員を14年務め、退任した

藤澤 美穗子さん

倉見在住 64歳

9月24日号

野田乃里子さん

9月21日からウェブ配信される「さむかわ音楽ひろば」でウクレレを演奏した

野田乃里子さん

宮山在住 58歳

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 8月27日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook