寒川版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

町民センター主催の寄せ植え講座で教える 原 静華さん 宮山在住 49歳

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena

手をとりあって咲く

 ○…「同じ植物なのに向きを変えたり、アレンジ次第でまったく見え方が変わるんですよ」。花のプロフェッショナルとして寒川や海老名で寄せ植えなどを教えている。受講生は年齢も様々で、特に子どもの発想力には驚きの連続らしい。「同じ方が同じ材料で作っても心境の違いでまったく別の作品になる。見て分かります」。大きな目をさらに開いて語った。

 ○…愛川町出身で、小さい頃は近所のススキ草原をかき分けて遊び、顔にはいつも小さな傷があった。中学校の頃に図書室でたまたま理科系の一冊を手に取り、細胞や健康などの世界に引きこまれた。好きな分野で働こうと、臨床検査技師の資格を取得。製薬会社に就職すると、新薬の開発で朝から晩まで顕微鏡をのぞいたり、無菌室にこもる日も。「自分が携わった薬が病院に置いてあるのを見て、やる気につながりました」

 ○…会社で働くうちに花を周囲に飾るようになった。暮らしの彩りになり、心を穏やかにしてくれる花を発信したいという思いが芽生えた。結婚後に夫の千秋さんと観葉植物などを扱う「千秋園」を創業。まったく違う世界に飛び込み「最初は分からないことばかりで必死でした」。3人の母として子育ても両立し、赤ちゃんを抱っこして接客した日々も懐かしい。「お出かけしよう」と車で行く先は、きまって展示会や市場だった。

 ○…「動いていると素敵な人に出会える」が持論。八方除けにちなんだ八角形のさぼてんは、大学生とのコラボで商品化し、メディアの注目を集めた。地域のクラフト作家を招いたイベントも開く。「気軽に来て作品を作ってもらえたら。上手にできたと、たまには自分を認めてあげて」。頑張る人から、頑張る人たちへのメッセージだ。

寒川版の人物風土記最新6

青田 正順さん

公益社団法人日本ボディビル・フィットネス連盟の会長に就任した

青田 正順さん

一之宮在住 65歳

8月5日号

田邊 平一さん

寒川ライオンズクラブの新会長に就任した

田邊 平一さん

岡田在住 70歳

7月22日号

石腰 亮さん

寒川ロータリークラブの新会長に就任した

石腰 亮さん

宮山在住 67歳

7月8日号

岩本 和子さん

茅ケ崎警察署に自らの作品4点を寄贈した油彩画家

岩本 和子さん

茅ヶ崎市在住 87歳

6月24日号

千葉 祐一さん

宮山にある水道記念館(湘南遺産)の館長を務める

千葉 祐一さん

相模原市在住 67歳

6月10日号

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

茅ヶ崎市民文化会館で第21回玉泉水墨画会展を開く

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

寒川町在住 74歳

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook