寒川版 掲載号:2022年1月7日号 エリアトップへ

寒川青年会議所の理事長に就任した 犬上 亙佑さん 宮山在住 38歳

掲載号:2022年1月7日号

  • LINE
  • hatena

まちファースト まっすぐ走る

 ○…コロナ禍での人々の願いを込めた折鶴を町内外から募り、モザイク風のオブジェに変えた寒川青年会議所(JC)。仲間と連日作業するうち、手はすぐにガサガサになった。きっかけは1年以上前、たまたまある飲食店に入った時のこと。お客さんが減ったのか店内の電気が一部消され、子どもが懸命に宿題をしていた。「いま自分たちが町のために何もできなかったら、JCの存在価値はない」。誰でも参加できる企画として飲食店などを通じ折鶴を募った結果、当初の1万という予想を超え14万5千羽に。今月理事長になり、目標に「まちファースト〜尊重・探求・献身〜」と打ち出した。駆ける方向にぶれはない。

 ○…滋賀県の代々神職という家で育った。「継げ」とも言われず、大学を出て民間企業に就職しようとしたが、ある最終面接でこう言われた。「内定は出すが、あなたの代で大切な歴史が途絶えることも考えた方がいい」。考えに考え「自分にしかできない」道を選んだ。平成19年から寒川神社で奉職している。記者が境内で会うと、いつも凛として笑わない。その理由を聞くと「参拝者の方と神様をつなぐ役目があります。立ち振る舞いに細心の注意をしなければ」。故郷で見た父のたたずまいは、何十年もかけて磨かれたとみる。進路を喜んでくれた父は、一昨年他界した。

 ○…神職の姿は、時に馬上にある。毎年秋に行われる流鏑馬では射手として弓を引く。歯を食いしばり、かっと目を見開いた顔は別人のよう。練習やJC活動などで忙しく、家族団らんは少なめ。「子どもと過ごす時は全力で楽しみます。家族との朝食は貴重な時間ですね」。2歳の子は、その後姿をどう見ているか。玄関を出て、きょうも町のために走り出す。

寒川版の人物風土記最新6

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

菊地 愛美さん

子育てサポート施設「助産院mamana.house」代表

菊地 愛美さん

町内在住 35歳

4月29日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

田端在住 54歳

4月15日号

佐藤 龍二さん

「高座」のこころ。実行委員会委員長

佐藤 龍二さん

一之宮在住 33歳

4月1日号

右城 栄一さん

今月いっぱいで活動を終える「小谷子ども見守り隊」の一人

右城 栄一さん

小谷在住 84歳

3月18日号

平 静夫さん

寒川町盆栽会代表で、初心者向け講座(町民センター)で教えた

平 静夫さん

倉見在住 75歳

3月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook