寒川版 掲載号:2022年4月15日号 エリアトップへ

茅ヶ崎市消防署長に就任した 大柳 誠二さん 田端在住 54歳

掲載号:2022年4月15日号

  • LINE
  • hatena

「強さと優しさで住民守る」

 ○…茅ヶ崎市消防本部が茅ヶ崎、寒川両市町を管轄する「消防の広域化」が始まった4月1日付で、茅ヶ崎市消防署長に就任した。「大きくなった分、災害や火災に立ち向かう力強さと住民への優しさを併せ持った新しい組織を目指したい」と意気込みを語る。

 ○…田端で生まれ育つ。高校3年生の時、サッカー部の練習中に下級生が突然倒れ、そのまま息を引き取った。駆けつけた消防隊員が「すぐに心臓マッサージをしていたら助かったかもしれない」とつぶやくのを聞き衝撃を受け、「いざという時に誰かを守れる人になりたい」と思うように。20歳で茅ヶ崎市の消防職員に採用され、14年にわたって救助隊員として最前線に立ったほか、人事交流で同市への出向も経験し人脈を広げた。広域化の検討が始まった際には消防総務課で実務も担当。「一刻も早く現場に駆けつけ、人命や財産を守る、という目指す部分は変わらない。互いの良いところをどんどん取り入れたい」

 ○…救助隊の隊長時代に大切にしたのは「隊員の話を丁寧に聞くこと」だった。それによって自主性を引き出し、2012年には同署として初となる消防救助技術の全国大会出場に導いた。「部下や後輩に教えられることも多かった。出会いに恵まれて、育ててもらった」と振り返る。

 ○…ボディーボードが趣味で、国内はもちろん海外でも楽しむ。また20年近く前からハワイアンバンドでウクレレを担当。コロナ禍前はさまざまな地域のイベントで演奏を披露してきた。「退職したら実家の農業を手伝いながら、子どもたちにウクレレを教えるのが今後の夢」と笑う。もっとも今は24時間365日体制で住民を守る任務の真っただ中。実現はもう少し先になりそうだ。

寒川版の人物風土記最新6

岩本 和子さん

茅ケ崎警察署に自らの作品4点を寄贈した油彩画家

岩本 和子さん

茅ヶ崎市在住 87歳

6月24日号

千葉 祐一さん

宮山にある水道記念館(湘南遺産)の館長を務める

千葉 祐一さん

相模原市在住 67歳

6月10日号

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

茅ヶ崎市民文化会館で第21回玉泉水墨画会展を開く

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

寒川町在住 74歳

5月27日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

菊地 愛美さん

子育てサポート施設「助産院mamana.house」代表

菊地 愛美さん

町内在住 35歳

4月29日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

田端在住 54歳

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook