寒川版 掲載号:2022年5月27日号 エリアトップへ

茅ヶ崎市民文化会館で第21回玉泉水墨画会展を開く 岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん) 寒川町在住 74歳

掲載号:2022年5月27日号

  • LINE
  • hatena

濃淡で無限の世界を表現

 ○…主宰する「玉泉水墨画会」の作品展が6月1日(水)から4日(土)まで、茅ヶ崎市民文化会館1階展示室で開催される。会場には生徒や自身の作品約100点を展示する予定。「バリエーション豊かな作品が揃うので、ぜひ会場で見てほしい」と呼びかける。

 ○…生まれは佐賀県唐津市。「城下町だからか、習字をたしなむ人が多かった」と自身も幼い頃から書道に親しんだ。家庭の都合で45年前に寒川へ引っ越してきた。30代の頃、寒川の寺で見た水墨画に心惹かれた。「自分も描いてみたい」と思っていた時、書店で水墨画家の山田玉雲氏の作品を紹介した本と出合い、東京にある同氏の私塾に通うように。その後、十数年にわたって腕を磨いた。「何を描くかによって墨や水の量が異なる。修正もできないため、ものすごく緊張感がありますが、自分の思うような濃淡を表現できたときは本当にうれしい」

 ○…穏やかな佇まいとは裏腹に、作風が力強いと言われることが多い。現在は主に花を描いており「自宅の近くには花が咲いている場所が多いので、たくさんインスピレーションをもらっています」。約30年前には棕櫚をモチーフに描いた「炎昼」で、全日本水墨画展で大賞を受賞したほか、銀座の鳩居堂での個展を実現させてきた。

 ○…20年ほど前に師が亡くなり、自身も教える立場に。「創作活動や家事との両立に苦労した時期もあった」と振り返るが、現在は地元を中心に都内などに多くの生徒を抱える。「水墨画は描き手の心を表すもの。その人の思いが見えてきます」と話す。「これからは風景画、それも海外のものを描いてみたい」という。今はコロナでそれも難しいが、視線は常に新たな目標へと向かっている。

寒川版の人物風土記最新6

岩本 和子さん

茅ケ崎警察署に自らの作品4点を寄贈した油彩画家

岩本 和子さん

茅ヶ崎市在住 87歳

6月24日号

千葉 祐一さん

宮山にある水道記念館(湘南遺産)の館長を務める

千葉 祐一さん

相模原市在住 67歳

6月10日号

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

茅ヶ崎市民文化会館で第21回玉泉水墨画会展を開く

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

寒川町在住 74歳

5月27日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

菊地 愛美さん

子育てサポート施設「助産院mamana.house」代表

菊地 愛美さん

町内在住 35歳

4月29日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

田端在住 54歳

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook