寒川版 掲載号:2022年6月24日号 エリアトップへ

茅ケ崎警察署に自らの作品4点を寄贈した油彩画家 岩本 和子さん 茅ヶ崎市在住 87歳

掲載号:2022年6月24日号

  • LINE
  • hatena

創作の道、一直線に

 ○…茅ヶ崎を代表する油彩画家として長く活躍してきた。今年2月、茅ケ崎警察署に絵画4点を寄贈。このほど同署から感謝状が贈られた。いずれも中国のシルクロードに足を運んで取材した作品。「広大な砂漠で感じた宇宙の息遣いを描きました。署内に飾っていただいたので、多くの方に見てほしい」と話す。

 ○…都内に生まれ、4歳の時に茅ヶ崎へ。幼い頃からクレヨンで絵を描いて遊ぶのが好きで「祖母に喜んでもらえるのがうれしかった」。中学時代、才能にほれこんだ美術教師が「絵描きにするべき」と家族を説得。その後、茅ヶ崎の水彩画家・三橋兄弟治(いとじ)に弟子入りした。高校に入ると本格的に油絵を始め、東京藝術大学で学んだ。

 ○…1970年代、タイやインドを訪れ、生活に宗教が深く入り込んでいる光景に感動した。特にインドでは、「何世紀にもわたって続いている祈りの深さ」に惹かれ、以後30年にわたって訪問。次第に風景を表現した具象的な絵画から、同国の空間をテーマに「私の内なるものを表現した」という抽象絵画へと変化。「祈りの世界」を描く現在の作風を確立していった。日本橋高島屋美術画廊での個展や、茅ヶ崎市美術館の企画展を成功させるなど、精力的に活動している。

 ○…私生活では大学卒業と同時に結婚。2人の子どもに恵まれた。「子育てと主婦業、画家業の両立は大変でしたが、両親や夫のサポートのおかげで続けられた」と感謝する。4月に87歳となったが、創作意欲は衰えず「年齢を理由にこれぐらいしか描けなかったと弁解はしたくない」とストイックに自らの内面と表現を追求している。「一日一日心残りのないよう懸命に生きて、作品を通して光や希望を届けられたら最高ですね」

寒川版の人物風土記最新6

青田 正順さん

公益社団法人日本ボディビル・フィットネス連盟の会長に就任した

青田 正順さん

一之宮在住 65歳

8月5日号

田邊 平一さん

寒川ライオンズクラブの新会長に就任した

田邊 平一さん

岡田在住 70歳

7月22日号

石腰 亮さん

寒川ロータリークラブの新会長に就任した

石腰 亮さん

宮山在住 67歳

7月8日号

岩本 和子さん

茅ケ崎警察署に自らの作品4点を寄贈した油彩画家

岩本 和子さん

茅ヶ崎市在住 87歳

6月24日号

千葉 祐一さん

宮山にある水道記念館(湘南遺産)の館長を務める

千葉 祐一さん

相模原市在住 67歳

6月10日号

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

茅ヶ崎市民文化会館で第21回玉泉水墨画会展を開く

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

寒川町在住 74歳

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook