平塚版 掲載号:2015年5月28日号
  • googleplus
  • LINE

平塚「ごろびき網」復活へ 伝統漁で観光促進に期待

文化

昨年秋の試験漁ではカマスがかかった
昨年秋の試験漁ではカマスがかかった
地元漁師ら経験いかす

 「漁港の食堂」の成功などで注目を集める平塚漁業。新たな観光策によるにぎわいを目指し、平塚漁業組合らが、平塚の伝統漁「ごろびき網」の復活計画を進めている。計画の中心を担う同組合の伏黒哲司さんらの活動を追った。

 約10年前、平塚の漁業活性に向けた新たな一手を考えていた伏黒さん。「地曳網を小規模で実施すれば、費用も抑えられ、イベントに幅が出るのでは」と湘南ひらつかビーチクラブの北澤浩一会長に話を持ち込むと、「それは”ごろびき網”だよ」と教えられた。

 ごろびき網は小型の地曳網。地曳網の大きさは海底の形状で異なり、平塚では大体500m程度という。ごろびき網はその半分ほどの大きさで、巻取り機を使わず人力のみで引くことができる。1933年に編纂された『神奈川県平塚市漁村経済調査書』には「五呂曳」が遊船客向けに運営されていた記録が残る。しかし、魚の減少などで、人手の必要な網漁は衰退し、観光地曳網を最後まで続けていた勘四郎丸も2006年に休業してしまった。

 伏黒さんは同船の松本さんに協力を依頼したが、「簡単じゃない」と諭され、一旦は計画の中止を決めた。しかし諦めきれず、2年前からごろびき網の復活に向けた活動に取り組み始めた。

 最大の課題は、網の費用だ。伏黒さんはこれまでに培った人脈を生かし、県の地域づくり活動促進事業交付金、市の地場産品促進事業の補助金を利用し、工面に成功した。

 昨年9月に待望の網が完成するも、技法を知る人が少なく、途絶えた漁の調査は難航。北澤会長らの助言を受け「伝統も受け継ぎつつ、楽しめる事に重きを置いた、観光向け『新ごろびき網』」として方針を固め直した。9月から11月にかけ実施した試験漁では、普段刺網漁を行う慎海丸の田中さんに網掛け船を依頼。勘四郎丸の松本さんも「やるからには魚が獲れた方がいいだろう」と手を貸してくれることになった。

 心強い協力者を得た復活計画は、今年夏から本格的なイベントを開催できるまでに至った。しかし、5月23日に予定されていたイベントは、近隣の学校の運動会と重なり人手不足、更に海の状態も悪く、中止となってしまった。「簡単じゃないと分かっていたつもりでしたが、痛感している」と伏黒さん。計画を立て直し、8月に再度イベントを予定している。

 「平塚ビーチのイメージアップにもつながるはず」と北澤会長ら関係者の期待は大きい。伏黒さんも「週末は平塚で”ごろびき”して獲れた魚で浜焼き、といったプランが定番化し、漁業に限らず、市全体も盛り上がれば」と夢を広げている。

暑中お見舞い申し上げます

奉仕の意志ある女性たちが活躍

国際ソロプチミスト平塚は来年40周年を迎えます。

https://www.townnews.co.jp/0605/2018/07/12/440092.html

レオスイミングスクール

夏の短期水泳教室開催!期間中に入会で受講料キャッシュバック+入会特典あり

http://www.leoswim.com/

平塚市商店街連合会

市内33商店街が団結し、消費活性の中核となって「明日の平塚」を拓いていきます

http://hiratsuka-shoren.com/

湘南スターモール商店街

七夕の街の商店街。毎月第3土曜「まちかどマルシェ」も開催中です。

http://shonan-starmall.com/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク