平塚版 掲載号:2017年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

背番号7の新たな挑戦 石井新多選手 独立リーグへ 地元野球チーム マルユウから

教育

マルユウのユニホームに身を包んだ石井選手
マルユウのユニホームに身を包んだ石井選手
 市内の社会人硬式野球チーム「湘南ひらつかマルユウベースボールクラブ」(三橋望監督)の石井新多(あらた)選手(23)が、「高知ファイティングドッグス」(四国アイランドリーグplus)からドラフト会議で3位指名され、来季の入団が決まった。マルユウからは4人目の独立リーグ移籍となる。

 石井選手は袖ヶ浜在住。社会人野球選手だった父の影響で野球を始め、子供の頃から公園や砂浜で打撃や守備のイロハを叩き込まれた。プロ野球選手への夢もその頃から。なでしこ小学校時代は湘南エース、浜岳中学校時代は秦野リトルシニアで汗を流した。

 平塚学園高校に進学し、クリーンナップを務めた夏の大会準決勝の桐光学園戦では現・楽天イーグルスの松井裕樹投手からヒットを打つなど活躍。強豪校がひしめく神奈川県大会をベスト4で締めくくった。

 大学進学し、野球部での活躍を期待されたが、家庭の事情で退部することに。「もう野球自体を辞めようとも思いました」と石井選手は振り返る。それでも気付けばバットを振っている自分に、野球への未練を痛感した。昨季から少年野球時代の先輩がキャプテンを務めるマルユウに入団した。

 マルユウではショートやセカンド、ライトなどを守るユーティリティープレーヤーとして活躍。打撃では主軸を担い、チームを牽引した。これまで磨いてきた守備やバッティングの技術は企業チーム相手でも発揮され、16年のJABA春季県大会では強豪の東芝から本塁打を放つなど、主砲として存在感を見せつけた。

 「シニアや高校では、練習をこなすことだけで精いっぱいで、自分で立ち止まって考えるということが少なかった」と石井選手は話す。マルユウでは社会人として働きながら、全国大会出場を目指す先輩から、限られた時間の中で課題を見つけ、結果につながる練習を自分で組み立てる大切さを学んだ。

 ドラフトでは本塁打だけでなく、場面に応じて中距離安打も打てる器用さとパンチ力が評価された。他チームからも誘いがあったが、テストを見ていた高知ファイティングドッグスの駒田徳広監督(元横浜ベイスターズ)から「今すぐにでも来てほしい」と直々のラブコールを受け高知に決めた。

 入団後、野球は生活するための「仕事」になる。独立リーグでは基本給に活躍した分のインセンティブが上乗せされ給料が支払われる仕組みだ。オフシーズンはアルバイトをする選手もいて、これまで以上に自分をマネジメントする力が求められる。

 野手で独立リーグからNPBに移籍する選手は毎年いるかいないかという狭き門。「実力と努力、そして運が大切」と、選んだ背番号はラッキー7だ。「今まで支えてくれた皆さんに恩返ししたい。覚悟を決めて、必死にやります」と夢への新たな一歩を踏み出す。

 マルユウの三橋監督は「高知で結果を残して、地元のDeNAベイスターズに入団してほしい。ここは通過点。がんばってきてください」とエールを送った。

平塚版のローカルニュース最新6件

各地で特色ある取り組み

経営権譲渡を正式決定

ベルマーレ

経営権譲渡を正式決定

4月19日号

ゴール前の精度に課題

ベルマーレ

ゴール前の精度に課題

4月19日号

発達障害支援のヒント共有

シラス漁 出足好調?

環境保全の視点を

龍城ケ丘プール跡地

環境保全の視点を

4月19日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク