平塚版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

(PR)

股関節の痛みに対応 医療レポート 手術は「生活の質」向上への一歩 取材協力/伊勢原協同病院

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
永井達司診療部長と同院スタッフ
永井達司診療部長と同院スタッフ

 『歩く・立つ・しゃがむ』といった生活するうえで欠かせない動作をはじめ、歩行時には体重の約3倍の重さを支える「股関節」。人体最大の関節として「生活の質」(QOL)向上に欠かせない股関節の病気(変形股関節症など)に対して、2年前から人工関節センターを開設して人工関節手術にも取り組む伊勢原協同病院(井上元保院長)の永井達司診療部長に話を伺った。

 「股関節の変形は長い年月の経過や関節の使い過ぎによって起こるものも多く、痛みだけでなく、変形で動きが悪くなり、バランスが崩れることで腰や膝など全体にも影響します」と永井診療部長。

 同院では薬やリハビリテーションによる保存療法をはじめ、手術が必要となる場合は股関節を人工関節に置き換える手術を行う。人工関節センターでは昨年度60件の股関節置換術を行っており、手術時間は30分から1時間ほど。リハビリテーション科と連携し2〜3週間ほどで退院となる。同院を訪れる方には口コミも多く、永井部長は「しっかりと説明して患者さんの信頼を得ることが大切。手術は負担が減るように低侵襲を心がけています。また手術はQOL向上のためのもの。出来なくなった事が出来るようにが目標です」と話す。

 また「痛みがあればご相談ください。もちろん手術をしなくても、薬物治療や運動療法などで痛みが改善する場合もあります。保存的治療で経過を見る患者さんはたくさんいらっしゃいます」と永井診療部長は話した。

伊勢原協同病院

伊勢原市田中345

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com/

平塚版のピックアップ(PR)最新6

コロナ対策、新体制で営業中

コロナ対策、新体制で営業中

リョウシンリフォーム

5月21日号

さすが、ドイツ!!

アフターコロナに安心のフォルクスワーゲン

さすが、ドイツ!!

5月21日号

修理・メンテは早めが正解

水廻り機器は依然供給不安定

修理・メンテは早めが正解

5月21日号

本マグロの味をご家庭でどうぞ

本マグロの味をご家庭でどうぞ

萬善がテイクアウト開始

5月14日号

国勢調査員を募集

平塚市

国勢調査員を募集

5月31日まで申し込み受付中

4月30日号

水漏れ・排水のトラブルはリモクラス パイプ本舗

漏れ・あふれ・詰まり「緊急対応いたします」

水漏れ・排水のトラブルはリモクラス パイプ本舗

急なトラブル対応可能

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク