平塚版 掲載号:2018年10月25日号
  • LINE
  • はてぶ

(PR)

他人の美談に惑わされない 最良の墓じまいを提案

加藤代表の動画はこちら
加藤代表の動画はこちら
 最近メディアでも話題の墓じまい。跡継ぎのいないお墓をどうするか、頭を悩ませている人も多いのでは。「海洋葬、樹木葬、永代供養墓など選択肢が増えてきた今こそ、落とし穴もたくさんあります」と語るのは、墓じまいに精力的に取り組む加藤俊光行政書士だ。

 金額ありきの前に、供養の形をしっかり見極めてほしい。従来のお墓と同様の個別型か集合型か、手を合わせる場所さえもなくなってしまうのか。合祀されたお骨は多くの場合で再び取り出すことができないからだ。

 やり直しの効かない墓じまい、他人の美談に惑わされず、自分らしい形を見つけるためにも、まずは墓じまいまちなかステーションに相談してみてはどうだろうか。

墓じまいまちなかステーション

平塚市紅谷町9-1リーデンスタワー湘南平塚2F

TEL:0800-123-0913

http://machinakastation.net/aboutus.html

平塚版のピックアップ(PR)最新6件

ミナミハウジング通信

月一連載コーナー

ミナミハウジング通信

11月8日号

新型「トール」の販売受付を開始

賃貸物件管理の悩み解決します

空室・滞納・入居者トラブル・建物診断・相続など

賃貸物件管理の悩み解決します

11月8日号

本まぐろの豪快料理

悩む鼻炎を治すには

医療講座

悩む鼻炎を治すには

11月8日号

秋の紅葉ハイクを楽しむ

12月1日

秋の紅葉ハイクを楽しむ

11月8日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク