平塚版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

5月28日から美術館で写真展「富士と雲」を開催する 杢代(もくだい) 新一さん 豊原町在住 80歳

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena

感動を写すということ

 ○…五十余年、数十万枚―。日本と世界の山々を撮る写真家が、「富士山と雲」をテーマに美術館で写真展を開く。季節、時間帯、雲の表情、どれをとっても二枚と同じ写真はない。展示作品は「直感で選んだ。良いなって気に入ったものを。雲があれば山頂が見えなくてもいい」。歩き回って、時にはじっと待って、眼前に広がった光景に与えられた感動を写してきた。

 ○…平塚で生まれ育ち、高校卒業後、平塚信用金庫に就職。10代で丹沢ブームに乗っかり山登りをはじめ、そのうちに富士山を撮りたくなった。20代半ば、カメラは借り、フィルムだけ買って撮りに行った。その後、知人から山岳写真の岡田紅陽氏を紹介される。心に残る師の言葉は「写真は何で撮るんだね」。答えは高性能カメラ、大きなレンズ、高解像度のフィルムではなく「写真は心で撮れ。自分が感動しなければ人に伝わらない。感動を写真にするんだ」。

 ○…「登って撮れるのは若いうちだけ」と58歳で早期退職し世界を巡った。写真はその場所に行かなければ撮れない。「写真は結果。現物はもっと素晴らしい。いい一瞬に立ち会えた時に、自然はいいなと思う。刻々と変わる光、雲の流れ、その一瞬を見られるのは幸せ」と語る。心動かされた瞬間を写すこの行為は、岡田氏の言葉そのものだ。

 ○…いつまで撮るかと問うと、世界を歩いたその脚をポンッと叩いて「この脚が使える限りは」ときっぱり。70歳からロードバイクに乗り、大会で80Kmを走破する衰え知らずの体力で発信したいのはアメリカの山々。山岳写真界では陽の当たらない場所だからこそ、ここ数年のライフワークとしてきた。「ダイヤモンドに、逆さ。富士山は皆が撮るでしょう。人が撮らないものを撮った方がいいなってね」と笑った。

平塚版の人物風土記最新6

相原 凌子さん

湘南ベルマーレひらつかビーチパークのライフセービングクラブリーダー

相原 凌子さん

東海大学文学部3年 20歳

7月11日号

マーティン・アドラー・オーウェンスさん

日本テレビ『ZIP!』の「いただきます!日本全国朝ごはんジャーニー」に出演している

マーティン・アドラー・オーウェンスさん

平塚出身 24歳

7月4日号

升水 一義さん

商連かながわの会長に就任した

升水 一義さん

紅谷町在住 78歳

6月27日号

諏訪 日出夫さん

「ひらつか七夕将棋大会」を主催する日本将棋連盟平塚支部の支部長

諏訪 日出夫さん

出縄在住 72歳

6月20日号

片倉 章博さん

第54代平塚市議会議長に就任した

片倉 章博さん

諏訪町在住 56歳

6月13日号

小田 靖さん

神奈川県行政書士会平塚支部長に就任した

小田 靖さん

黒部丘在住 46歳

6月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク