平塚版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

県内初 無人田植機デモ走行 湘南ライスセンター

社会

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena
デモ走行するアグリロボ
デモ走行するアグリロボ

 湘南ライスセンター(大島)の田んぼで4月12日、無人自動運転田植機のデモンストレーションが行われ、落合克宏市長をはじめ、(株)関東甲信クボタの操作講師や湘南農業協同組合平塚営農経済センター、神奈川県農業技術センターの職員らが参加した。同機が導入されるのは県内初。

 今回デモンストレーションが行われた無人田植機は、クボタ田植機アグリロボNW8SAで、農業機械メーカー初となる無人自動田植機だ。(株)クボタが約2年かけて開発し、昨年10月に販売を開始した最新式。本来、田植えにはオペレーターに加えて苗の補給などをサポートする補助者が必要だが、アグリロボは自動運転機能によって、田植え作業の省人化と作業効率の改善を実現した。

 同社では昨年度、平塚市の「スマート農業導入支援補助金」を活用しアグリロボを購入。同社の磯村肇代表取締役社長は、「市の補助金を利用して購入した。農家の後継者不足は深刻。人の手を煩わせない農業がこれからもっと必要になる」と話す。

生産力高まる取り組みに

 湘南ライスセンターでは、稲作の全作業を担うことができるため、現在約60ヘクタールの水田で受託作業を行っている。近年市内では、農業者の高齢化に伴い、稲作の継続が困難になるケースが増えており、同社が請け負う面積が増えているという。磯村社長は「アグリロボは5月から使い始める予定」という。

 アグリロボの操作を体験した落合市長は、「振動が少なかった。全自動で田植えができる素晴らしい機械。生産力が高まる取り組みなので、市としてもありがたい」と感想を話した。

平塚版のローカルニュース最新6

保護ねこを救って

にじのはし

保護ねこを救って 社会

クラファン実施中

5月13日号

ラグビーを楽しく

ラグビーを楽しく スポーツ

5月16日に無料体験会

5月13日号

小学生に人気の給食は?

小学生に人気の給食は? 教育

平塚市内3・4年生に調査

5月13日号

読み聞かせで心育む

読み聞かせで心育む 教育

19日 「おはなしの会」

5月13日号

やぎ島を探検しよう

やぎ島を探検しよう 社会

湘南いきもの楽校主催

5月13日号

市民の声 図書館に

市民の声 図書館に 文化

協議会委員を公募

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新 文化

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter