平塚版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

平学生、平塚の魅力発信 「市公式インスタ」を活用

社会

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena
記者会見に参加した平塚学園写真部の部員
記者会見に参加した平塚学園写真部の部員

 平塚学園高等学校写真部が平塚市の公式インスタグラムを活用して8月10日から9日間の日程で市の魅力を発信する。平塚市によると自治体としては県内初の取り組みといい、「高校生ならではの視点で平塚の魅力を伝えてほしい」と期待を寄せる。

市、若年層への訴求期待

 写真を共有する人気SNS「インスタグラム」。平塚市はシティープロモーションの一環で2016年7月に公式アカウントを開設し、市内の景色や植物などを投稿している。「#hiratsukagood」のハッシュタグで市民などから写真投稿も募っており7月1日現在で7万3000件以上が投稿されているという。

 フォロワーは現在6300人。市によると近隣自治体の公式アカウントと比較すると多いが、18歳〜24歳までの若年層のフォロワーは50人(0・8%)にとどまる。

 今回の取り組みはテイクオーバーという企業なども採用している手法。高校生が市公式アカウントで発信することで、若年層への訴求効果を見込む。市シティープロモーション担当は「若い人のフォロワーが3倍、4倍、それ以上になってほしい。投稿の方法など教わるところも大きいのでは」と期待を寄せる。

 平塚学園高等学校写真部(部員数22人)が「ひらつかで過ごす夏休み」をテーマにグルメやレジャーなど15カ所を撮影。8月10日〜20日までの9日間に発信する。

 部長を務める3年生の渡邉望美さん(18)は「高校生らしさを出した投稿をしていきたい。地元の人にも新しい発見につながったら嬉しいです」と話した。
 

平塚版のトップニュース最新6

延期か中止の危機

市立中学修学旅行

延期か中止の危機 教育

昨年に続きコロナ禍で

9月16日号

市も塩害調査実施へ

龍城ケ丘プール跡地

市も塩害調査実施へ 政治

地元住民が検証結果提出

9月16日号

シイラで地域の魅力発信

平塚農商高

シイラで地域の魅力発信 経済

地元飲食店と商品開発

9月9日号

妊婦の「声」に耳傾け支援

妊婦の「声」に耳傾け支援 社会

運営資金をクラファン

9月9日号

「きょうだい児」の居場所を

「きょうだい児」の居場所を 文化

支援の会「ワッフル」活動中

9月2日号

通学路安全対策に2800万円

通学路安全対策に2800万円 社会

平塚市の9月補正予算

9月2日号

相模水産有限会社

平塚市花水台36-5

0463-31-6266

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook