平塚版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

皆が主役の美術鑑賞 なでしこ小3年生が体験

教育

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena
絵を見て発言する児童たち
絵を見て発言する児童たち

 なでしこ小学校の3年生が10月5日、平塚市美術館主催の特別授業として対話型の美術鑑賞をした。1組、2組の生徒47人、同美術館の職員、ボランティアら13人が参加した。

 同美術館の教育プログラムの一環として開催した。「対話による美術鑑賞」とは、作品を見る人が感じたことを言葉にし、他の人の意見も聞きながら考えを深め、作品の本質に迫ろうとする鑑賞方法。同美術館では、市内の小中学生を対象とし、この鑑賞方法を用いた授業を実施している。

 対話による美術鑑賞のボランティアチーム「ひらビあーつま〜れ」のメンバーが、鑑賞をサポート。はじめは10枚の絵を4人グループで鑑賞し、絵の共通点を見つけて発言しあう。発言が苦手な子にはボランティアが「思ったことを言っていいんだよ」と促す場面も。そこから枚数を減らし、最後にはクラス全員で1枚の絵を鑑賞した。

 同館学芸員の浅野泰恵子さんは「この鑑賞授業をきっかけに、普段も発言ができるようになったという感想をいただいたこともある。今後も進めていきたい」と話す。参加した児童は「いろんな絵があって面白かった」と笑顔を見せた。

平塚市選挙管理委員会

衆議院議員総選挙の投票日は10月31日です。期日前投票もご活用ください。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/senkyo/index.html

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

海のごみ問題を知る

海のごみ問題を知る 社会

市民団体らが検証

10月21日号

新米を100人に

新米を100人に 文化

24日「朝市」

10月21日号

海街フェス開催

海街フェス開催 文化

自然素材の工作も

10月21日号

福祉ボラスクール

福祉ボラスクール 社会

参加者募集中

10月21日号

不登校の不安を共有

不登校の不安を共有 教育

保護者向け談話開催

10月21日号

着物リメイク「ちくちく展」

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook