大磯・二宮・中井版 掲載号:2011年9月23日号
  • googleplus
  • LINE

日本国憲法の制定過程から学ぶ 二宮町の教育に尽力した伊達時 〈寄稿〉文/小川光夫 No.86

二宮駅南口に建立されている 伊達時の記念碑
二宮駅南口に建立されている 伊達時の記念碑

 二宮町にとって忘れられない人物として伊達時(時太郎)があげられる。二宮駅の開設や二宮・秦野間の県道の整備、社会公共福祉の増進など、二宮町の発展に貢献した人物で、二宮駅南口前には、伊達時の記念碑が立っている。近年、二宮町図書館でも、「図書館だより」を発刊したり、「伊達時コーナー」を設けて伊達時の功績についてプロパガンダしている。

 伊達時は、嘉永1年(1849)年、二宮村(塩海)に生まれる。明治6年に思文館(現国府小学校)が開設され、翌年に二宮に分校(現二宮小学校)ができると大磯善福寺住職であった伊東希元のもとで教師として子弟の教育に携わった。思文館には3年間在職していたが、学問の更なる向上を目指して上京し、医学や漢学を学び、明治13年には、福沢諭吉の交詢社に入社した。

 伊達時は、「私立中郡盲人学校」(現在の神奈川県立盲学校及び平塚ろう学校)の初代校長として迎えられ、大正5年(1916年)に死去するまで、恵まれない子ども達の教育に尽力した。
 

大磯・二宮・中井版のコラム最新6件

道を切り開くこと、その力を育てましょう

子育ての語らい㊿(最終回)

道を切り開くこと、その力を育てましょう

7月21日号

本のような人になろう

子育ての語らい㊾

本のような人になろう

6月2日号

子どもを信じる

子育ての語らい㊽

子どもを信じる

5月19日号

かっこいい先輩

子育ての語らい㊼

かっこいい先輩

5月12日号

社会貢献

子育ての語らい㊻

社会貢献

4月21日号

子どもの成長を伸ばす、親の立ち位置

子育ての語らい㊺

子どもの成長を伸ばす、親の立ち位置

3月17日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

面打ち岩崎さん個展

面打ち岩崎さん個展

大磯で初の作品発表

3月23日~4月3日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク