大磯・二宮・中井版 掲載号:2012年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

二宮ゆかりの画家 連載第4回 二見利節(としとき)・その生涯

二見利節
二見利節

弟子入りと画友

 昭和六年再度二宮に帰った利次は、井上三綱の門をたたき弟子となった。三綱は以前は二宮の原田に住まい、牛の絵を描くことで有名であった。このころは住居を酒匂に移されていた。自分の描いた絵を持っては酒匂の師のもとに通った。ここで本荘赳、柏木房太郎らの兄弟弟子となった。母親は茶屋町に帰って以来、家で和裁教室を開いて近隣の女子に和裁を教えておられた。七人の子供を教育するのは大変であったようである。収入の無い利次には絵を描くのも大変であった。

 裏にある半ば傾きかけた藁葺屋根の物置小屋がアトリエ、高価なカンバスは求める金が無い。中南米からの輸入品の入って来る麻袋を買い求めてきては、これを木枠に張り付け、白ペンキで塗りつぶすとりっぱなカンバスの代用品ができ上がる。戦前の彼の作品の大きなものは、ほとんどこれに描かれている。額縁はほとんどが自家製、材料は製材所の廃材、胡粉とニカワ、これで立派にでき上がるのである。こうして貧乏と戦いながら画業に日夜を費やしたのである。

春陽展に入選

 昭和八年の春、物置小屋のアトリエで描き上げられた「庭」(現在の題名『温かい部屋』)が第十一回春陽展に入選したのである。初入選、例の自家製のカンバスに描かれ、自家製の額縁におさまって、彼独特の渋さを持った五十号の作品は、庭に置かれた藤椅子を窓越しに描いたものである。後にこの絵を二宮小学校に貸与し正面昇降口に飾られてあった。一時この絵も取り外されて影をひそめていたが、最近また元の場所に飾られているようである(現在は、ふたみ記念館にて展示中)。

※「二宮町近代史話」(昭和60年11月刊行)より引用

-・-・-・-・-・-

 二宮町にアトリエを構え、創作活動に打ち込んだ洋画家二見利節(1911〜1976年)の生涯を紹介しています。
 

大磯・二宮・中井版のコラム最新6件

道を切り開くこと、その力を育てましょう

子育ての語らい㊿(最終回)

道を切り開くこと、その力を育てましょう

7月21日号

本のような人になろう

子育ての語らい㊾

本のような人になろう

6月2日号

子どもを信じる

子育ての語らい㊽

子どもを信じる

5月19日号

かっこいい先輩

子育ての語らい㊼

かっこいい先輩

5月12日号

社会貢献

子育ての語らい㊻

社会貢献

4月21日号

子どもの成長を伸ばす、親の立ち位置

子育ての語らい㊺

子どもの成長を伸ばす、親の立ち位置

3月17日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康づくりに汗かこう

健康づくりに汗かこう

中井町 マラソン参加者募集

3月4日~3月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク