大磯・二宮・中井版 掲載号:2013年1月25日号
  • googleplus
  • LINE

二宮ゆかりの画家 連載第19回 二見利節(としとき)・その生涯

二見利節
二見利節

甘露梅

 昭和五十一年の一月だったと思う。利節を見舞った。左の手は肘が曲がったきりでかなりはれ上がっていた。だいぶ痛みがあるようだった。それでもなかなか元気で、同じ部屋の人には人気があるらしく、皆よく面倒をみてくれていた。

 一本のひもがベッドの足元のほうから手元のほうに延びていた。「これは何か」と尋ねると、右手にひもを持ってやおらベッドの上に起き上がった。「これがあると起き上がるに楽だよ」と。同室の人がお茶を入れてきてくれた。枕元にスルメが転がっている。「こんなもの食べてていいのか」というと「だれかが持って来た」……しばらくして、「ああそうそう」といって小さな箱を取り出した。「これを食べないか」。中に甘露梅が入っていた。小田原の甘露梅かというと「水戸のだよ」との答え。

 利節の話では、日動画廊では四十歳以下の若手の画家の優秀な人を見いだして、フランスに留学させ画家の養成を図っている。その選考委員に彼がたっているのだという。そしてこの度選ばれた人が学校の教員をしている若い水戸の女性で、今朝見舞いかたがたあいさつに来たのだった。甘露梅は彼女の持参品だった。

(つづく)

※「二宮町近代史話」(昭和60年11月刊行)より引用

 二宮町にアトリエを構えた洋画家二見利節(1911〜1976年)の生涯を紹介しています。
 

大磯・二宮・中井版のコラム最新6件

道を切り開くこと、その力を育てましょう

子育ての語らい㊿(最終回)

道を切り開くこと、その力を育てましょう

7月21日号

本のような人になろう

子育ての語らい㊾

本のような人になろう

6月2日号

子どもを信じる

子育ての語らい㊽

子どもを信じる

5月19日号

かっこいい先輩

子育ての語らい㊼

かっこいい先輩

5月12日号

社会貢献

子育ての語らい㊻

社会貢献

4月21日号

子どもの成長を伸ばす、親の立ち位置

子育ての語らい㊺

子どもの成長を伸ばす、親の立ち位置

3月17日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク