大磯・二宮・中井版 掲載号:2013年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

連載 第3回 八重と蘇峰 徳富蘇峰記念館学芸員 塩崎信彦

新島八重が蘇峰に送った書簡(徳富蘇峰記念館所蔵)
新島八重が蘇峰に送った書簡(徳富蘇峰記念館所蔵)

 反感から和解へ

 同志社英学校の校長夫人となった新島八重を、空想上の動物”鵺(ぬえ)”に例え、蔑んだ生徒が誰あろう、徳富蘇峰でした。尊敬する師・新島襄を”ジョー”と呼び捨てにし、夫より先に人力車へ乗り込み、着物姿に靴や帽子といった滑稽な格好をした夫人を、男尊女卑思想が強い熊本出身の蘇峰は許せなかったのでしょう。しかし14歳の蘇峰の戯言を、31歳の八重は軽く受け流します。

 明治23年、新島襄が47歳にして大磯で客死すると、臨終の場で蘇峰は八重の手を握り、過去の非礼を詫びて「これからはあなたを襄先生と思って付き合うので、あなたもそのつもりで接して欲しい」と伝えます。

 この日から41日後、八重から蘇峰への記念すべき1通目の手紙が記されます。蘇峰はその言葉通り、独り身となった八重を物心両面で支えます。後に貴族院議員となった際には、その給料袋の封を切らずにそのまま八重に手渡し(『徳富蘇峰』早川喜代次著より)、また同志社に掛け合って、八重が引き継いだ新島邸を元に年金交渉を行うなどしました。当館に残る6通の手紙の中に、八重の蘇峰に対する感謝の念のほか、二人の親しい交流を物語るエピソードを随所に見て取ることができます。

 さて、余談となりますが「八重の桜」のドラマ制作において、光栄なことに当館からもいくつか資料の提供をしています。「蘇峰の肖像写真」(第40話)と「雑誌『国民之友』」(47話)、そして「民友社の看板」(47話)がそれで、この3点をご覧になりたい方はぜひ、二宮の記念館に足をお運び下さい(当館のフェイスブックでも紹介する予定です)。 

 徳富蘇峰記念館の学芸員・塩崎信彦さんが新島八重と蘇峰について4回シリーズで紹介しています。
 

暑中お見舞い申し上げます

硬式野球 二宮大磯リトルリーグ

初心者歓迎、無料体験随時。中井町に専用グラウンド有

https://www.ninoiso.com/

会員募集中

経験や知識・技能を活かしてさまざまなお仕事をお引き受けいたします。

http://webc.sjc.ne.jp/ninomiya/index

里山の風景を楽しめるカフェ

地域の特産品や農産物なども販売しています。イベント会場としても利用できます。

http://satomachicafe.com/

日本茶 碧寧太(あした)

二宮の煎茶専門販売・喫茶店。茶草場農法(世界農業遺産)で育てられた煎茶を提供

https://www.townnews.co.jp/0606/2018/06/22/437129.html

<PR>

大磯・二宮・中井版のコラム最新6件

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

7月13日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

6月22日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

6月8日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

5月11日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

4月20日号

道を切り開くこと、その力を育てましょう

子育ての語らい㊿(最終回)

道を切り開くこと、その力を育てましょう

7月21日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク