大磯・二宮・中井版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

衆院選神奈川17区 3氏が立候補へ

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena

 中井町など3市8町を選挙区とする神奈川県第17区では3人が立候補の意思を表明している。(11月25日起稿)

 これまでに立候補の意思を表明しているのは、前職で自民党の牧島かれん氏(38)、元職で民主党の神山洋介氏(39)、新人で共産党の吉田福治氏(59)。

 前回(2012年)初当選した牧島氏は、「県西地域の代表として2年間、地域の声を国へ届けてきた。歩みを止めることなく、誠実に政治を前へ進めていく」と再選をめざす。財務金融委員会、議院運営委員会などに所属した国会での2年間の成果が問われる。

 09年の選挙で初めて自民党の牙城を崩した神山氏は「社会保障や子育て環境、労働環境、人口減少と、将来に対する不安を払しょくして、安心できる将来像を描ける社会にしていきたい」と、地元での充電期間を糧に返り咲きをめざす。

 19歳で入党し、現在は党小田原市委員会で雇用・くらし対策部長を務める吉田氏は「政治を変えるチャンスがやってきた。消費税増税は先送りでなく中止、日本を海外で戦争する国にしないため、市民・町民の皆さんと一緒に頑張りたい」と、意欲を語った。

 前回の選挙で日本未来の党公認で立候補し、落選した前開成町長の露木順一氏は、本紙の取材に対し立候補の意思がないことを明らかにした。

 17区の有権者数は9月2日現在、42万5833人(男性20万8643人、女性21万7190人)。前回の投票率は60・64%だった。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

「助け合いに役立てて」

「助け合いに役立てて」 社会

二宮ライオンズが寄付

1月14日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

1月14日号

まちかど事件簿

丹精込めた洋蘭ズラリ

丹精込めた洋蘭ズラリ 文化

チャリティー販売も

1月14日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月14日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook