大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

アメリカで空手合宿 小中学生らが国際交流

社会

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena
空手の稽古をする日米の生徒(写真提供/アルバートさん)
空手の稽古をする日米の生徒(写真提供/アルバートさん)

 大磯町と湯河原町を拠点に活動する日本空手協会西湘支部こゆるぎ空手教室の生徒たちが、春休みに米国カリフォルニア州オレンジ郡で合宿を行った。

 小学5年生から高校3年生までの男女13人が参加した。一行は3月24日に日本を発ち、4月1日まで滞在。ホームステイをしながらロサンゼルスとサンディエゴの空手道場で朝夕の稽古を積み、同じ年頃の「同志」や指導者らと交流した。また、青空の下の公園で総勢およそ50人による合同稽古と演武会を開き、汗を流した。

 アメリカ合宿は、同支部長の浅井嘉彦さん(六段)=大磯町虫窪在住=と現地で空手教室を主宰するミャンマー系米国人アルバートさんとの縁で実現した。浅井さんが渡米した約30年前、二人は「いつか互いの教え子と一緒に交流しよう」と約束。2008年から訪米と受け入れの準備をそれぞれがしてきた。

 こゆるぎ塾生はアルバートさんの勤務先を見学。高校2校を訪ねて空手演武を披露したほか、本場のバーベキューなどを体験。世話になったお礼に道場を大掃除して2日に帰国した。

 「英語を上手に話せなくても人と人が直にコミュニケーションすることの大切さ、互いに理解しあえることを知ってほしかった」。浅井さんは「生徒たちには生涯武道である空手を通して強い心を育み、世界中どこでも生き抜いていける人になってほしい」と話す。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

夕暮れの演奏会

大磯でMV撮影 江藤さん

夕暮れの演奏会 文化

8月5日号

駅前広場整備の展示説明会

老後のお金使い方講座

夏のアイテムずらり

夏のアイテムずらり 文化

大磯で服飾作家5人展

8月5日号

友の遺した物語を書籍化

友の遺した物語を書籍化 社会

たかしまさんが絵を担当

8月5日号

映画から人権考える

映画から人権考える 文化

27日 ラディアンで

8月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook