大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年7月1日号
  • googleplus
  • LINE

昭和の香り残すモダン建築 大磯教会を一般公開

文化

公開される大磯教会
公開される大磯教会
 今年2月に国の登録有形文化財に指定された日本キリスト教団大磯教会(大磯町大磯1348)の見学会が、7月9日(土)に開かれる。

 昭和12年に建築された大磯教会は、建築から80年近くが経過して老朽化が激しいことから、2011年に発足した「会堂建築を考える会」が新築を前提に整備を検討していた。

 礼拝堂(=写真)は昭和初期の教会建築を今にとどめており希少価値が高く、調査を行った日本建築学会は、保存が望ましく改修で維持も可能と判断。地域住民からも建て替えを惜しむ声が上がっていたことから、既存の設備を生かす改修計画に変更した。

 昨年3月に工事を終え、当時の面影を残しつつ耐震や耐火、バリアフリー工事を行い、トイレや礼拝堂奥の集会場、2階の和室などを改修。玄関のステンドグラスは、室内側の壁が取り除かれて光が差し込むようになった。

 改修にかかった約5360万円の費用のうち、約3600万円は教会内外の関係団体や個人からの献金で集めた。鈴木憲二牧師は「改修ができたのも、多くの皆様のご協力があったからこそ。教会の文化的価値を示してくださった、日本建築学会の方々にも感謝したい」と話した。

 見学会では、改修設計を担当した建築士・田代洋志さんが工事内容などを解説するほか、鈴木牧師が教会の歴史、大磯町にゆかりのある著名人とキリスト教との関連について講演する。

 午後2時〜4時。定員30人程度。申し込みは大磯町生涯学習課【電話】0463・61・4100(内線329)。

玄関のステンドグラス
玄関のステンドグラス

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

風水害備え訓練

風水害備え訓練

9月28日号

明治150年の大磯を辿る

大磯コミュニティ・カレッジ

明治150年の大磯を辿る

9月28日号

親子で楽しむコンサート

脇氏が立候補表明

三宮さんに功労者表彰

大磯ゆかりの元勲偲ぶ

旧吉田茂邸七賢堂

大磯ゆかりの元勲偲ぶ

9月28日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第8回「山縣有朋【3】」文・武井久江

    9月28日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月28日号

お問い合わせ

外部リンク