大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

丹精込め 甘さも貫禄 大磯の大玉柿 収穫ピーク

経済

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena
鈴木さんの農園で実りを迎えた柿
鈴木さんの農園で実りを迎えた柿

 大磯の大玉柿が収穫の最盛期を迎えた。町内の農園では、栄養分を補給するために青々と茂る柿の葉の間で、ずっしりと成長した実が存在感を放っている。11月初めごろまでサクサクとした食感が特徴の「太秋」が食べごろで、その後はおなじみの「富有」が登場する。

 大磯町で大玉柿づくりが始まったのは、今から40年以上前。和歌山県や奈良県などの大量生産地との差別化を図ろうと、生産者たちが県の園芸試験場とともに研究を重ね、富有柿の大型化に取り組んだ。大玉の性質を持つ太秋が新しい品種として登場すると、富有で確立した栽培技術を太秋に応用した。

 甘みが強く、高品質の大玉柿は、大磯の逸品として人気が高い。町落葉果樹研究会に加入する十数軒の農家が、寺坂や黒岩、国府本郷地区などで生産している。各農園では年に1度、土壌検定を実施。剪定と摘蕾、摘果といった作業ごとに毎年講習会を開き、互いの農園を視察するなどして研鑚を続ける。

 「お客さんに喜んでもらえるよう、味のよい実をならせることを目標に、栽培には手間ひまかけています」。同会会長の鈴木教夫さん(73)=寺坂=はそう言って胸を張る。超大型の台風21号による大きな被害はなく、雨天続きで中断していた収穫に精を出す。

 大玉柿は生産量が少ないことから市場に出回らず、農家の庭先や直売所、固定客への宅配で販売。11月26日にJA湘南大磯支所駐車場で開催される「大磯ふれあい農産物まつり」で大玉柿の試食販売を実施する。

「困った」を「良かった」に

総合リフォーム工事・太陽光発電・外構・土木・プロパンガス販売及び水道など

<PR>

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

壁画アート 二宮に新風

壁画アート 二宮に新風 文化

地域活性へプロジェクト

1月28日号

堀文子が愛した大磯

堀文子が愛した大磯 文化

郷土資料館で初の展覧会

1月28日号

大河ゆかりの地 各所に

鎌倉殿の13人

大河ゆかりの地 各所に 文化

頼朝・政子・曽我兄弟ら

1月21日号

戦略推進の中井町に金賞

戦略推進の中井町に金賞 社会

シティプロモーション表彰

1月14日号

大磯市(いち) 2年ぶり復活

大磯市(いち) 2年ぶり復活 経済

ウィズコロナの手法模索

1月14日号

初のリニューアル

澤田美喜記念館

初のリニューアル 文化

生涯たどり功績伝える

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook