大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

二宮町 パン片手に菜の花観賞 観光協会と学生が散策マップ

社会

パン店などを紹介したマップ
パン店などを紹介したマップ

 二宮町観光協会は、吾妻山公園の菜の花を目当てに訪れる人に町内を回遊してもらおうと、文教大学=茅ヶ崎市=の学生と協力して町内のパン店などを紹介するマップ「にのみや パン まち散歩」を発行した。

 作製に携わったのは、国際学部3年の瀨戸優菜さんと内田吉音さん。「食と観光」をテーマにしたマップ作りに取り組むことになり、町内を歩いた際に気が付いたパンを販売する店の多さをヒントに、お気に入りのパンを持って吾妻山に登ってもらおうというコンセプトに決めた。

 2人で各店の取材に回り、カフェを含めた計10軒を写真やコメント、地図入りで紹介。町を巡った際に発見した梅沢海岸や商店街など、写真映えする場所を「フォトジェニックスポット」として紹介もした。

 瀨戸さんは「優しい色合いで、私たちのイメージ通りのデザインに仕上げてもらえた。商品だけでなく、働いている人やお店の温かみを感じてもらえたら」と話す。若者に人気のパンやカフェを紹介する内容にしたことで、「二宮のことを知らなかった学生などにも、町を訪れてもらうきっかけになればうれしいです」

 町は、町内最大の観光イベント「菜の花ウォッチング」にちなんだ観光事業を2015年度から同大学と共に実施している。これまでに、学生が考案した菜の花ラスク「はるまち」を町内の洋菓子店と協力して商品化したほか、吾妻山に登る観光客を和太鼓部が演奏でもてなすといった取り組みを行ってきた。町産業振興課は「二宮の観光客はシニア層が多いため、プロモーションも高齢者向けの内容が多かった。学生の目線で町の良さをPRしてもらうことで、新しい観光需要を生み出す機会を増やしたい」と、官学連携の成果に期待を寄せる。

 マップは5000部を発行し、駅前町民会館内の観光協会や掲載店舗などで配布している。町ホームページからも見ることができる。

 問い合わせは町産業振興課【電話】0463・71・3311。
 

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

戦争の記憶 後世に継ぐ

大磯の決戦陣地の調査報告など

戦争の記憶 後世に継ぐ

8月17日号

猛暑 熱中症に注意

大磯・二宮・中井町

猛暑 熱中症に注意

8月17日号

若手主軸に5連覇

中井町チーム

若手主軸に5連覇

8月10日号

中小企業の設備投資を支援

大磯・二宮・中井町

中小企業の設備投資を支援

8月10日号

ドラコン世界大会へ

大磯在住近藤さん

ドラコン世界大会へ

8月3日号

卒寿の力泳に金4個

大磯町の安池さん

卒寿の力泳に金4個

8月3日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第6回「山縣有朋【1】」文・武井久江

    8月17日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク