大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

大磯町 自転車シェア導入へ 中国大手「モバイク」と連携

経済

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena
導入予定のモバイク社製自転車
導入予定のモバイク社製自転車

 大磯町は自転車シェアリング事業を、今春にもスタートさせる。同事業の中国大手「モバイク」の日本法人と連携し、自転車を活用した観光振興や地域活性化を目指す。モバイクの国内本格展開は大磯が初となる。

 自転車シェアリングは、海外でも導入が進む自転車の貸出しサービス。自転車を借りた場所に返却する必要のあるレンタサイクルと異なり、複数ある拠点(モバイク駐輪場)のどこでも自由に自転車の貸出・返却ができることが特徴。都市圏では放置自転車の削減や自動車利用の抑制、地方では公共交通機関の補完などの効果が期待されている。

 観光振興に取り組む大磯町では、観光客の回遊性向上のため総合計画の重点事業に「自転車ネットワークの整備」を掲げ、自転車利用の環境整備を進めていた。そうした中、2017年12月に「モバイク・ジャパン株式会社」と対話アプリ「LINE」を展開する「LINE株式会社」が提携し、日本国内で自転車シェアリングサービスを展開することを発表。報道を受け、町はただちに同社に連絡をとり連携を打診し、明治150年を迎える大磯の歴史や文化、自然、海岸線を走る太平洋岸自転車道の存在などをPRした。折衝の末、2月に大磯町で自転車シェアリング事業を推進することで合意した。

 近く事業目的や役割などを明記した協定書を交わす。拠点となるモバイク駐輪場の場所や自転車の台数、利用料金などについては、同社が17年に札幌市で行った試験的サービスの結果などを参考に協議し3月中に発表、事業を開始する方向で調整を進めている。

大磯から拡大

 導入される自転車はパンクレスタイヤなどを採用し4年間整備不要という耐久性を誇る。スマートフォンアプリで解錠や決済ができるほか、モバイク駐輪場の検索や予約もできる。18年度中にLINEからもサービスを利用可能にする。

 事業に関する町の費用負担はゼロ。町はモバイク駐輪場候補地の提供や紹介、町民や近隣自治体への周知などを行い、モバイクは自転車の提供や運営、メンテナンスなどを担う。町では観光客の回遊性向上や町民の通勤・通学での利用、公共交通機関の補完、健康増進、店舗などに駐輪場を設けることによる誘客などの効果を期待している。

 町は「大磯がきっかけとなり、自転車シェアの輪を広げていきたい。利用が進めば、行政に限らず民間にも自然と広がっていくと思う」と期待を寄せる。将来的には湘南地域をはじめ、秦野や伊勢原など小田急沿線とも相互利用できるようにしていきたい考え。

 町内にはポートハウスてるがさきで6台、大磯町観光協会で5台のレンタサイクルが稼働している。町は「利用方法や料金設定などが異なるので共存できると考える。観光客にとっても利用目的に合わせて選択できるのは良いこと」と話す。

スマホで解錠できる
スマホで解錠できる

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

防災・教育などに重点

二宮町予算案

防災・教育などに重点 政治

庁舎整備計画は再検討へ

2月21日号

初の移住体験バスツアー

初の移住体験バスツアー 経済

1市3町の魅力を紹介

2月21日号

念願叶い新品種認定

念願叶い新品種認定 社会

齋藤廣昭さんの「大磯小桜」

2月14日号

大型事業が一段落

大磯町当初予算

大型事業が一段落 政治

子育て支援など拡充へ

2月14日号

小中一貫校に9配置案

小中一貫校に9配置案 教育

二宮町が意見交換会

2月7日号

初の大規模修繕

大磯駅前洋館(旧木下家別邸)

初の大規模修繕 文化

地元建設会社が施工

2月7日号

春へ前進 梅のたより

春へ前進 梅のたより 社会

旧吉田邸などで開花

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第38回「吉田茂【5】」文・武井久江

    2月14日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク