大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

海浜地域の活用を考える みなとまちづくり講演会

社会

 大磯の漁業や海の魅力を再認識し、大磯港や周辺の海浜地域を地域資源として活用する方法を考える「みなとまちづくり講演会」が、3月11日(日)に大磯町保健センター(東小磯191)2階研修室で開かれる。午後1時30分から3時30分まで。定員80人。参加無料。

 大磯港みなとまちづくり協議会(岩田全弘会長)と大磯町の共催。同協議会は地域資源である「みなと」を最大限に活用した、魅力的で活力のあるまちづくりの推進を目的に、市民活動団体や港湾利用団体などで2005年に組織された。大磯港周辺は国土交通省の「みなとオアシス」に登録され、観光の拠点として「賑わい交流施設」の整備などが予定されている。

 講演会の対象は大磯町民。第1部「大磯の海 〜豊かな漁場と港の活性化〜」を大磯二宮漁業協同組合の加藤孝代表理事組合長、第2部「人と海をつなぐ 〜海を知り、海を活かす〜」を横浜国大統合的海洋教育・研究センターの水井涼太特任教員が講師を務める。問い合わせは事務局【電話】0463・61・5719へ。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第7回「山縣有朋【2】」文・武井久江

    9月14日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク