大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

2国の郷土料理を再現 東京五輪に向け交流会

社会

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena
懐かしい味に笑顔を浮かべる留学生
懐かしい味に笑顔を浮かべる留学生

 大磯町や星槎グループなどでつくるSKYプロジェクトが3月20日、アフリカのエリトリア国と南アジアのブータン王国からの留学生5人を招き、大磯町食生活改善推進団体(加藤澄江会長)の協力でレシピの開発を進めている両国の郷土料理の試食会と交流会を同町保健センターで開いた。

 SKYプロジェクトは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた事前キャンプで両国と協定を結んだ小田原、大磯、箱根の1市2町と県、星槎グループで結成。両国との交流を通じてスポーツ振興や教育文化の向上、友好関係の構築をめざし活動している。昨年は小学生と留学生の交流事業を行った。

 エリトリアとブータンの郷土料理レシピ開発は、2017年秋ごろから進めている企画。同団体が両国の料理を日本の一般家庭でも再現できるよう、また現地の味からかけ離れないように気を付けながら日本人の口に合うように調整した。

食で相互理解深める

 交流会に招かれたのは、星槎国際高等学校湘南に通うエリトリアからの留学生2人とブータンの留学生3人。5人は陸上競技やアーチェリー競技で東京五輪出場を目指し、日々練習に励んでいる。

 会場には同団体のメンバーや関係者など約50人が参加。初めに町職員がそれぞれの国の歴史や産業、食文化などを簡単に説明した後、スクリーンに現地の建築物や自然、祭礼などの写真を映し出しながら留学生たちが解説を加えた。

 続いて行われた試食会では、同団体が調理したエリトリアの野菜の煮込みカレー風味「アリチャ」や、ブータンの豚肉の煮込み「パクシャ・パ」などの郷土料理が振る舞われ、試食した留学生たちは笑顔を浮かべて「おいしい」「もっと辛い方が良いけど、皆さんが食べるならこれぐらいが良いと思う」など感想やアドバイスを出した。

 加藤会長は「喜んでもらえて良かった。日本の気候や日本人の舌に合わせてレシピを工夫してきたが、今日の意見を参考に、さらにおいしくなるようレシピに手を加えたい」と話した。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

3町累計で20人が罹患

3町累計で20人が罹患 社会

新型コロナ感染者数

10月23日号

町長動向

大磯・二宮・中井

町長動向 政治

10月23日号

山本洋一さん連勝

山本洋一さん連勝 スポーツ

大磯 秋の町民ゴルフ

10月23日号

えのすい×ビックリマン

近隣イベント情報

えのすい×ビックリマン 経済

コラボイベントが開催中

10月23日号

戦争の記憶 子どもたちへ

戦争の記憶 子どもたちへ 教育

二宮の町民団体が冊子寄贈

10月23日号

エコバッグ作ります

エコバッグ作ります 社会

販促グッズや記念品に

10月23日号

住宅型有料老人ホーム

大磯町大磯に2019年1月オープン「アスカ大磯」ご入居見学随時開催中です

https://www.asuka-care.jp/facility/index/4

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

内なる風景 土に写す

内なる風景 土に写す

泉田之也さん陶芸展

10月23日~11月6日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク