大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

茶道の歴史に思い馳せ 海の見えるホール

文化

本格的なお点前も
本格的なお点前も
 大磯町の聖ステパノ学園講堂「海の見えるホール」で、5月19日に十字架のお茶会が開かれた。

 茶道とキリスト教の理解を深めてもらおうと、澤田美喜記念館が年1回催しているお茶会。日本の茶道の作法が、キリスト教のミサの影響を受けて確立したという歴史的背景に焦点を当てた。

 大日本茶道学会の平野麗樵席主らのお点前でお茶と菓子が振る舞われ、同館が所蔵している16世紀の茶道具や刀の鍔も特別に展示された。いずれも澤田美喜が収集した隠れキリシタンの持ち物や同館と縁ある陶工の茶道具で、内側に透かし彫りで十字架が隠されている風炉や十字架の意匠が施された鍔などが公開された。同館の西田恵子館長は「展示物を鑑賞し一服のお茶と共に、往時に思いを馳せて頂ければ」と参加者に語りかけた。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

白い花器など約30点

白い花器など約30点

大磯で和田吉美さん個展

6月1日~6月26日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

お問い合わせ

外部リンク