大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

七賢堂を特別開扉 明治150年記念の講演会も

教育

前回の特別開扉の様子
前回の特別開扉の様子
 近現代の政治史に名を残す元勲7人を祭る「七賢堂」の特別開扉が、大磯城山公園の旧吉田茂邸地区で9月22日(土)から24日(月・祝)まで行われる。午前10時から午後4時まで。大磯ガイド協会の現地説明もあり。無料。

 堂内には伊藤博文や西園寺公望、吉田茂など大磯町ゆかりの首相をはじめ、岩倉具視、大久保利通、三条実美、木戸孝允の写真が掲げられているが、普段は公開されていない。特別開扉は吉田の誕生日である9月22日にちなみ、3日間限定で実施される。

特別講演

 9月22日には、明治150年記念講演会「吉田茂の誕生日に知る大磯の七賢人」が同地区管理休憩棟で開かれる。午後1時30分から3時まで。参加無料。國學院大學文学部准教授で日本近代史が専門の柴田紳一さんが講師を務め、七賢堂に祭られている元勲たちのエピソードや、吉田邸に移築された経緯などを解説する。

 申し込み先着60人。申し込みは大磯町郷土資料館【電話】0463・61・4700へ(受付は午前9時から午後5時まで)。

 七賢堂は1903年に伊藤博文が自身の邸宅「滄浪閣」に建てたものを、60年に吉田茂が現在の場所に移設した。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第7回「山縣有朋【2】」文・武井久江

    9月14日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク