大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年2月15日号
  • LINE
  • hatena

堀文子さん100歳逝く 孤高の日本画家 大磯で創作

文化

本紙の取材に応じたときの堀文子さん=1987年秋
本紙の取材に応じたときの堀文子さん=1987年秋

 大磯町高麗にアトリエを構え、花鳥や四季の風景、自然の中の命などをモチーフに創作活動を続けた日本画家の堀文子さんが2月5日に死去した。100歳だった。

 堀さんは東京生まれ。女子美術専門学校(現・女子美術大学)に学び、上村松園賞を受賞した。87年まで多摩美術大学教授を務めた後、イタリアと日本を行き来して精力的に作品を送り出した。アマゾン川やメキシコのマヤ遺跡、ペルーを取材に訪れ、80歳を過ぎてからヒマラヤの高地を歩き、代表作「幻の花 ブルーポピー」を発表した。

 画業以外にも、『ホルトの木の下で』『堀文子の言葉 ひとりで生きる』など著作が多いことでも知られる。大磯町指定史跡名勝天然記念物で、樹齢300年以上といわれるホルトノキが伐採の危機に陥ると、樹木を土地ごと買い取った。JR大磯駅前に建つ「湘南発祥の地」の石碑の文字は堀さんの書。「群れない、慣れない、頼らない」をモットーとして貫いた。

 本紙では、1987年に神奈川文化賞を受賞した堀さんを「人物風土記」で紹介した。当時の編集長で、堀さんにインタビューしたタウンニュース社OBの壁島義明さんは「気難しい芸術家と想像し緊張の取材だったが、とても気さくな人柄が嬉しかった。取材がひと区切りするとビールとおつまみを用意して頂き、まったりとした時間を過ごせたことは望外の喜びでした」と思い出を語った。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

信州の夫妻の器100点

信州の夫妻の器100点

ギャラリーさざれ石

3月17日~3月30日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第19回「寺内正毅【2】」文・武井久江

    3月22日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク