大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

選抜高校テニス大会 大川さん全国3位に 団体でも銅メダルに貢献

スポーツ

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena
2枚の銅メダルを手にする大川さん
2枚の銅メダルを手にする大川さん

 大磯テニスアカデミー所属の大川美佐さん(法政第二高2年※当時)が、3月20日から26日まで福岡県で開催された「第41回全国選抜高校テニス大会」に初出場し、個人・団体の両部門で3位に入賞した。

 都道府県予選を経て、全国を9ブロックに分けた地区大会の上位校から48校が出場した同大会。大川さんがキャプテンを務める法政第二高女子テニス部は関東ブロック代表として全国大会へ初めて出場し、創部3年目にして銅メダルを獲得する快挙を成し遂げた。

 「毎回、楽な試合はなかった」と振り返る団体戦。初めての大舞台にメンバーの誰もが緊張を隠し切れない中、試合のムードを左右する先鋒(シングルス1)を務めた大川さんは、出場した全ての試合で勝利を収めてチームを勢いづけた。それは関東予選で思うように勝てず、チームに貢献できないまま全国に出場したことに対する忸怩たる思いとキャプテンとしての責任感で成し遂げたものだ。大会を前に練習量を増やし、体力づくりにも力を注いだ。日頃の食事やトレーニングにも気を使い筋肉量を増やしたという。その甲斐もあり、大会では連日の試合にもバテることなく「一戦一戦に集中できた」と話す大川さん。「周囲の声援に励まされ、チームが一丸となって挑めた大会だった。来年は自分たち以上の成績を残せるように頑張ってほしい」と後輩たちに夢を託した。

 体力づくりの成果は個人戦でも発揮された。1、2戦目で関東のライバルと対戦した際、お互いの手の内を知っているため一進一退のシーソーゲームになった。疲れを見せ始めた相手に対し、大川さんは焦らず自分のペースに持ち込み、冷静に弱点をついて勝利。体力の差が明暗を分けた。だが全国の壁は厚かった。準決勝では終始、相手のパワーに圧倒されて1セット目を取られ、かろうじて2セット目を取り返したものの焦りから徐々に点差を広げられて敗れた。「初出場で3位は嬉しいが、優勝が目標だったのでやっぱりくやしい。インターハイでリベンジできるよう、また一から頑張っていきたい」と力強く抱負を語った。

 個人戦でベスト4に入ったことで、夏に中国で行われる日韓中ジュニア交流競技会への遠征が決まった大川さん。同アカデミーの小野峰樹コーチは「初めて全国レベルで入賞したことで自信につながったと思う。この先の活躍が楽しみ」とさらなる成長に期待を寄せる。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

集団接種の流れを確認

コロナワクチン

集団接種の流れを確認 社会

各自治体で模擬訓練

5月14日号

2代目おとちゃん登場

マスコット着ぐるみ

2代目おとちゃん登場 経済

テレビ番組で二宮町PR

5月14日号

井出さん 初の全国へ

大磯テニスアカデミー

井出さん 初の全国へ スポーツ

DUNLOP杯で活躍

5月7日号

湘南の魅力まるわかり

湘南の魅力まるわかり 経済

観光ガイドブック発行

5月7日号

ガイド活動20年の集大成

ガイド活動20年の集大成 文化

『大磯 まち歩き事典』発行

4月30日号

松林の遊歩道を公開

明治記念大磯邸園

松林の遊歩道を公開 文化

旧大隈・陸奥別邸跡エリア

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter