大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

大磯で第2の自転車シェア 電動アシスト付きで利便性向上に期待

経済

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
真っ赤なフレームが特徴のレッツバイク
真っ赤なフレームが特徴のレッツバイク

 自転車を活用した観光振興や地域活性化に取り組む大磯町で、新たな自転車シェアリング事業がスタートした。国内シェアサイクル事業者の株式会社陽報(本社=川崎市)と協定を締結し、町内に電動アシスト付き自転車と充電ができるサイクルポート(駐輪場)を設置して4月26日からサービスの提供を始めた。

 シェアサイクルは複数のサイクルポートでいつでも、どのポートでも自転車の貸出や返却が可能な交通手段。自動車利用の抑制や公共交通機関の補完などの効果が期待され、全国的に導入が加速。神奈川県でも湘南広域で実証実験事業を行う動きがある。大磯町は昨年3月に中国大手「モバイク」の日本法人と協定を締結して自転車シェア事業をスタートさせており、導入は2社目となる。

 陽報が提供する「レッツバイク」は全台が電動アシスト付き自転車。ポートでの自動充電、塩害に強いフレームや7段ギアが特徴で、県内では小田原や箱根で導入されている。大磯では町役場とポートハウスてるがさきに5台ずつ設置しており、5月中に大磯プリンスホテルにも10台追加する予定。利用料金は4時間500円、1日1000円。利用はスマートフォンにアプリをダウンロードして会員登録すると検索・予約・解錠・決裁ができる。ポートハウスてるがさきで販売しているパスカードでも利用可能。同社担当者は「県西から相模湾沿いにサービスを展開する上で大磯は重要な町」と期待を寄せる。

 町は「電動アシストの導入で観光客や町民の選択肢が広がり利便性も向上する。今年8月頃には町内のコンビニなどにもポートを設け、県の事業と連携しながら町外にも利用範囲を拡大していきたい」と話す。この事業に関する町の費用負担はゼロ。逆に陽報から占用分使用料が支払われる。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

まちかど事件簿

なぎさの祭典が今夏中止

なぎさの祭典が今夏中止 社会

五輪余波で警備員確保困難

2月14日号

春に憩う

吾妻山菜の花

春に憩う 社会

2月14日号

里都まちを走ろう

参加者募集

里都まちを走ろう スポーツ

中井町健康マラソン

2月14日号

堂内に興味津々

堂内に興味津々 文化

旧吉田茂邸の七賢堂

2月14日号

各自治体でパラ採火式

人生のまとめ「10枚自分史」

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歌と器楽と笑劇場

日本の詩コンサート

歌と器楽と笑劇場

2月29日~2月29日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第38回「吉田茂【5】」文・武井久江

    2月14日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク