大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

明治150年記念連載 大磯歴史語り 第26回「原敬【1】」文・武井久江

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena
原敬生家の産湯の井戸
原敬生家の産湯の井戸

 今回から、原敬に入ります。原敬は、明治時代の終わりごろから大正時代に活躍した盛岡出身の政治家です。「立憲政友会」という政党の総裁となり、平民初の内閣総理大臣(第19代)として、本格的な政党政治や平和外交などを進めた方でした。この方の誕生からご紹介していきます。

 安政3年(1856)2月9日生まれ。岩手郡本宮村(現在の盛岡市本宮)で、生家は5分の1が現存しています(原敬記念館の横にあります)。祖父・直記(盛岡藩家老)は、原敬が4歳の時に71歳で亡くなりました。原家は家老格の上級武士。父・直治は藩の軍学の師で、原が9歳の時、41歳の若さで亡くなりました。母・リツは、残された子供たちを育てるために大変な苦労をしました。兄弟は姉が2人、兄1人、弟3人。その次男坊として生まれ、幼名は健次郎でした。当時は使用人を約40人も雇える身分の家柄でしたが、父が早く亡くなったことと、幕末という時代に盛岡藩に生まれたことが原の人生を大きく変えることになります。何故かというと、戊辰戦争で盛岡藩は新政府軍に最後まで抵抗して「賊軍」となり、賠償金など多くの借金を盛岡藩は背負うことになりました。当然藩士たちは落ちぶれ、原家も困窮しました。彼が12歳の時に、東北戊辰戦争(長州藩・薩摩藩中心の新政府軍と東北諸藩との闘い)で盛岡藩は敗れ、「官軍」となって長州・薩摩が盛岡に乗り込んできて東北の地を「白河以北一山百文」と見下されます。「一山百文」は一山でも百文(当時の蕎麦60杯程度の値段)の価値しかない荒れ地という意味で、その悔しさを忘れないように、後に雅号を「一山」としました。原は、母に親孝行をする為には勉学を頑張ろうと、藩校の「作人館」で学んだ後、旧藩主・南部利恭が設立した英語学校「共慣義塾」へ入学するために、15歳で東京へと旅立ちます。今回はここまでです。(敬称略)
 

大磯・二宮・中井版のコラム最新6

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第47回「吉田茂【14】」文・武井久江

6月26日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第46回「吉田茂【13】」文・武井久江

6月12日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第45回「吉田茂【12】」文・武井久江

5月29日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第44回「吉田茂【11】」文・武井久江

5月15日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第43回「吉田茂【10】」文・武井久江

4月24日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第42回「吉田茂【9】」文・武井久江

4月10日号

平塚法人会

税を味方に、強い経営を。

https://www.hiratuka-hojinkai.or.jp/

大磯町商工会

中小企業の身近なご相談

0463-61-0871

大磯逸品の会

大磯名産・手づくりの味

0463-61-0871

渡辺新聞舗

毎日新聞 大磯販売所・国府販売所

0463-61-0415

硬式野球 二宮大磯リトルリーグ

初心者歓迎、無料体験随時。中井町に専用グラウンド有

https://www.ninoiso.com/

芦川酒店

「大磯のあまざけ」取扱店

http://ashikawa.syoutikubai.com/

地場屋ほっこり+ONE

大磯駅前 “地産地消 全国のうまいもの” 店舗内2階に湘南ギャラリーえん

https://www.hokkori-shonan.com/

二宮町シルバー人材センター

会員募集中。経験や知識・技能を活かして様々なお仕事をお引き受けいたします。

http://webc.sjc.ne.jp/ninomiya/index

曹洞宗 慶林寺

大磯町虫窪209

0463-73-1945

HAIR GEMS

大磯町国府本郷924-6

0463-71-8847

相模国総社 六所神社

良き縁に恵まれますように

https://www.rokusho.jp/

Atギャラリーアンドカフェ

0463-45-0452 大磯町大磯1857

http://www.atgallery.info/

人も地球も健康に

小田原ヤクルト販売株式会社

0463-61-8960

大磯町商工会青年部

かけがえのない人たちと、かけがえのない地域のために

0463-61-0871

森永/朝日新聞 大磯・平塚旭

正確な情報は毎日の新聞から

0463-61-1308

なかい里都まちCAFE

地域の特産品や中井町のブランド品、農産物、手作り雑貨なども販売しています。

https://www.satomachicafe.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月31日号

お問い合わせ

外部リンク