大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

手振り交え朝市参加 ろう学校と二宮の小学生

教育

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena
店の看板を作る子どもたちと協力者の大人
店の看板を作る子どもたちと協力者の大人

 二宮町のラディアン花の丘公園で9月1日(日)に開かれる朝市で、町内の小学生と聴覚に障害のある子どもが販売スタッフとして一緒に店を手伝う。夏休みに交流を図り、看板づくりなどの準備を行った。別のグループによる子ども朝市も同時開催する。

 二宮町の小学生が朝市を手伝う活動は、今年で5回目。サマースクールの一環として今回初めて、相模原市にある支援学校や平塚ろう学校などの児童13人が加わった。8月に2回の交流会を実施。身振り手振りで自己紹介をしてレクリエーションゲームで仲良くなりながら、買い物客にかける言葉や手話などを学んだ。

 21日の交流会では、段ボール箱を利用して担当する店の看板を作った。耳が聞こえない5年生の男の子は、段ボールの中央に穴を開けて頭から被る仕草。サンドウィッチマンのスタイルの看板を作ろうと提案すると、ペアを組む二宮小1年の男児が「いいね」とうなずいた。和菓子屋の看板らしく、月見団子の絵を描き入れ、後ろ側に紙で丸めたウサギのしっぽを飾る趣向も凝らした。

 子ども朝市のサポーターで二宮町議会議員の露木佳代さんは「耳が聞こえる、聞こえないのハードルを子どもたちはひょいと飛び越える力を持っている」と話す。「(ろう・支援)学校外の子とコミュニケーションの方法を工夫して課題に取り組んだことは、自信や互いの理解につながる」と、ろうの子を引率した手話通訳士の小菅秀さん。

 子どもたちの交流活動と朝市での様子は、9月29日(日)に生涯学習センターラディアンで行われる県聴覚障害者協会主催のイベント「カナガワ・デフ・ウェイ2019」で発表される予定だ。

雑貨販売やゲーム

 働くことの意義やお金の価値、大人との接し方などを学ぶ機会にもなっている子ども朝市には、約20人の小学生が携わる。夏休みに全6回集まり、企画や商品づくりなどの準備を進めてきた。

 8月26日の最終ミーティングでリハーサルを実施。3年連続の参加という山西小の6年女子は「細かいパーツの作業は大変だったけれど、友だちと一緒に作るのが楽しい。可愛い物が沢山あるので来てほしい」と話す。

 当日はミニチュアのスイーツデコの雑貨やストラップ、アクセサリーなどを販売するほか、紙粘土細工のワークショップ、空き缶釣りや輪投げなどの景品付きゲームコーナーを設ける。午前7時から9時まで。商品がなくなり次第終了。雨天決行。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

大磯の魅力 外国人へ発信

大磯の魅力 外国人へ発信 社会

ガイド協会が英語ツアー

9月20日号

大磯の昆虫 3千種ズラリ

国府新宿在住渡辺康生さん

大磯の昆虫 3千種ズラリ 社会

図書館で40年超の成果披露

9月20日号

若者力で再発進

大磯宿場まつり

若者力で再発進 文化

実行委員を一新 「昔と今をつなぐ」

9月13日号

エネルギー地産地消へ

エネルギー地産地消へ 社会

二宮の太陽光発電所が稼働

9月13日号

中井チーム36年ぶり優勝

中井チーム36年ぶり優勝 教育

自転車の安全な乗り方大会

9月6日号

安全願い起工式

安全願い起工式 経済

大磯港賑わい交流施設

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第28回「原敬【3】」文・武井久江

    8月23日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第27回「原敬【2】」文・武井久江

    8月9日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク