大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

明治150年記念連載 大磯歴史語り 第29回「原敬【4】」文・武井久江

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena
和歌山県にある陸奥宗光の銅像原は自宅にも陸奥の銅像を飾っていた
和歌山県にある陸奥宗光の銅像原は自宅にも陸奥の銅像を飾っていた

 前回のお話で、原は国際情勢に通じた官僚へと成長していきますが、更なる人脈が付きます。結婚した妻の両親が離別し、初代の外務大臣を務めた井上馨と母が再婚・義父となります。

 明治18年(1885)李鴻章と交友、天津条約締結に尽力して伊藤博文に認められます。5月、外務書記官としてパリ公使官勤務を命ぜられ、勲六等に叙せられ旭日章を受けました。そして国際公法を学び、明治22年(1889)帰国して、農商務大臣の井上馨の引きで農商務省に転じ、井上農商務相のもとで、農商務省参事官となり、後、岩村道俊に次いで、陸奥宗光農商務相の秘書官になります。原が、生涯の師と仰いだ「カミソリ大臣」陸奥との出会いです。

 切れ者の陸奥は、原に厚い信任をおき、原も陸奥の期待に応えて働きました。この時に、陸奥(藩閥に属さない紀州藩出身)は原にこんな話をしました。「政府における薩長閥の勢力は、誰をもってしても外からは容易に倒すことはできない。ならば藩閥政府内に入ってその組織に食いこみ、彼らに利用されているように装いつつ、逆に操縦・駆使して、自分の主義・理想を実行しよう」。この考えに共鳴し、陸奥が亡くなるまで彼と行動を共にしました。

 明治25年(1892)から陸奥外相のもとで条約改正作業に従事し3年後には外務次官となります。だが、第2次伊藤内閣のあと、第2次松方正義内閣の外相に大隈が就任すると待命(命令待ち)となり、明治30年病いに伏していた陸奥が死去したあと、外務省を辞して官界を去りました。そして、ジャーナリズム世界に戻ります。この年、3年間の契約で大阪毎日新聞に入社し、翌年社長に就任、原が行った紙面改革(海外ニュース・芸能欄の充実)で部数を伸ばします。この官僚経験が豊かで、経営の才覚もある原に目を付けた政治家がいました。自らの政党立憲政友会設立の準備をしていた伊藤博文でした。(敬称略)
 

大磯・二宮・中井版のコラム最新6

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第35回「吉田茂【2】」文・武井久江

12月13日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第34回「吉田茂【1】」文・武井久江

11月22日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第33回「原敬【8】」文・武井久江

11月8日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第32回「原敬【7】」文・武井久江

10月25日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第31回「原敬【6】」文・武井久江

10月11日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第30回「原敬【5】」文・武井久江

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形の世界へ案内

東野チヨ子さん作品展

人形の世界へ案内

12月13日~12月24日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第35回「吉田茂【2】」文・武井久江

    12月13日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第34回「吉田茂【1】」文・武井久江

    11月22日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第33回「原敬【8】」文・武井久江

    11月8日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク